tokyo04-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第4話「集えものども」

前回の続き。
美里の前に立ちカミナリ男に対峙するタツマ。主人公っぽい
そこに、強烈なギターの音と衝撃が起こりました。
カミナリ男・雨紋雷人は何か知っている模様。
戦闘を中断し、音のする方へ行く雷人。
タツマたちも移動します。

ギターを操っているのは、雷人が言っていた「リョウイチ(亮一)」だった。
音でカラスを操っていたのもコイツ。
なんか、雷人を恨んでいる様子の亮一。
ブタどもめ!と皆を蔑む亮一。
自分を神とか言ってます。超偉そう。

tokyo04-2.jpg
ギターの音で操られる京一とタツマ。
それを止める雷人・・・「お前の音はこんなことに使うものじゃないはずだ」
『CROW』というバンドを組んでいた雷人と亮一。
そこそこ有名だったらしい。
ある日突然力に目覚めた二人。目覚めた時期はタツマたちと一緒で、3ヶ月前。
亮一に鬼の力を与えたのは、画像左下の梅喧みたいなヤツ。


京一は美里のことを名前で呼びます。少し仲間と認めたようです。

tokyo04-3.jpg
ちょっとしたすれ違いで、たもとを別った亮一と雷人。
あれよ。いわゆる「音楽性の違い」ってやつ。

街の人をカラスに襲わせ、間違った道を進む亮一を止めようとする雷人。
街の秩序を守るべく、雷人と一緒に戦うタツマ達。
正義の名の下に結託します。

人を殺めた亮一に罪を償わせるため、雷人は

雷人「ならばせめて、この俺の手で・・・!」

と、ありきたりな展開で亮一を刺します。
しかし、トドメを刺しきれませんでした。

tokyo04-4.jpg
覚醒した亮一が、エヴァ初号機に見えます(左上)。
窮地に追い込まれた亮一は巨大カラス化します。

激しい戦闘の最中、巻き込まれる一般人。
放っておけないよ・・・、とタツマ。


力を使い果たした亮一は元の姿に。
が、何者かが亮一にトドメを刺します。
トドメを刺したのは、亮一に鬼の力をあたえた下法というものたち。
顔見せなのか、すぐに消える梅喧たち。

それを目撃する、写真部・遠野。
あれ?このキャラ、ギャグ担当じゃなかったの?



マリア先生、出なかった(´・ω・)
tokyo03-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第3話 外法編 第参夜「人ならざる力」
↑トウキョウマジンガクエンケンプウチョウ トウ
読み方です。
龍龍は「トウ」って読むんですね。「リュウリュウ」って読んでたよ

OPの演出がカッコいくて結構好きです。
右上の「かごめかごめ」がコワくて・・・イイ

小さい頃、やりましたよね?「かごめかごめ」
↓面白いものを見つけました。
「かごめ」についての考察。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/4966/kagomenituitenokousatu.html
もっと怖いことを想像していましたが、そうでもないようですね。

まあいいや。閑話休題。

我らがタカノこと、マリア先生はバイクで通勤。
マリア「グゥ~ド、モーニィン!」
ノリが良いです。

季節は
夏休みどう楽しもっかー、と小蒔は葵に話を持ちかけますが、葵はあまり乗り気ではない様子。
街を襲う正体不明の敵(鬼らしい)が気になるようです。

それにしても。
いいなぁ、夏休み

tokyo03-2.jpg
葵は龍麻(以後タツマ)と京一に、この間(1話目)はありがとうとお礼を言います。
あ、5人で1つのグループを組んでるわけじゃないんだ。
「足手まといとは組みたくない」
と、戦う力を持っていない葵にキツイ言葉をかける京一。

戦う理由はそれぞれ。
葵、小蒔、醍醐の3人は街の人が気がかりだから。
京一は自分の力を試したいから。
タツマは・・・よくわからんw

カラスに襲われる街。
それをテレビで見た葵は、堪らず単独で街に出向かいます。

tokyo03-3.jpg
偶然葵を見かける京一。
足手まといはさっさと帰れ、的なことを言う京一。

身内で揉めていると、何者かに突然攻撃される5人。
この何者かは、鬼ではなく力を持った"人"。
???「リョウイチはどこにいる!?」
と、京一にはわからないことを言う襲撃者。

京一と小蒔と醍醐の3人で戦うが、チームワークばらばらw
襲撃者に敵わず・・・

tokyo03-4.jpg
葵は、3人の前に立ち
葵「私たちは敵同士ではないはず」
同じ目的であると説得するが、聞く耳を持たない襲撃者。

葵「私が守ってみせる!」

防御壁を展開して攻撃を食い止める葵。
ここで終了。


タツマ達と同じ力を持つ彼は一体何者なのか・・・!
いつかは仲間になるんじゃねーの?と見も蓋もないことを言ってみる(ぉぃ


それにしても・・・
いいなぁ!夏休み!(まだ言うか
今年は海に行くぞ、海!
三四「グ~ゥッドモーニィン♪」
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第2話 外法編 第弐夜「桜下春怨の遭遇」
話は主人公のフード君・緋勇龍麻(ひゆう たつま)が転校してきた2ヶ月前にさかのぼります。
三四先生に紹介される龍麻。
俺早退ー、と言いながらいきなり襲いかかる京一。
見事な強襲。まあ、京一は何かを感じ取って龍麻を試したんですが。

ココ、かなり見物です。
特に教室の窓から二人揃って飛び降りるシーン。妙に足並み揃ってて笑えたw

笑い担当は三四と新聞部の人。あとボケる京一。
ここら辺、三四先生の出番が多いのが○。
ちなみに、三四先生の本当の名前はマリアです。

美里「もう、わたしのために争うのはやめてーっ!」

とでも言いたそうな、生徒会長の美里葵。

二人が拳を交えたのは、挨拶代わりみたいなものでした。
そして出会う5人。

tokyo02-3.jpg
夜の旧校舎に呼び出す、小蒔LOVEなレスリング男・醍醐雄矢。
小蒔さんに近づき過ぎだーっ!と昔の漫画みたいなノリ、ではなく。これまた力試し的なもの?
醍醐雄矢の胸筋がピクピク動いて、キモイですbyにゃごみ

葵と小蒔が止めにやってきますが、急に部屋の御札が破けて・・・
旧校舎に封印されていた?妖魔が襲ってきました。
この妖魔、貞子似でこれまたキモイです。

tokyo02-4.jpg
妖魔に攻撃されて何かの力に目覚める5人。
戦えることは戦えていますが、軽く暴走気味です。

葵のボディーガード(に見える)如月翡翠に助けられる皆。
如月翡翠は高校3年茶道部部長・・・ということは葵たちと同い年じゃん!
てっきり年上なお兄さんかとばかり。


話的にはこれが第一話ですね。
色々伏線張ってます。
話についていけるよう頑張ります。
tokyo1-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第1話「外法編 第壱夜 逢魔ヶ刻」

あの東京魔人學園シリーズがアニメ化!
といっても、自分は名前しかしらなかったんですが。
ガンガンWINGかなんかでやってた。

舞台は東京。時代は・・・近未来?
なんか荒んでます。
冒頭から血とか死体とかゾンビとか出てきました。
どうやら、人間の仕業ではないようです。
へー、そっち系なんだ(どっちよ

主人公の名前は「緋勇龍麻」
真神学園に転校してきた謎のフード男
天然です。多分。


あと、金髪先生が鷹野さんに見えてしょうがない。


tokyo1-2.jpg
剣道部の不良少年「蓬莱寺京一」
憧れの生徒会長「美里葵」
一人称がボクの弓道部「桜井小蒔」
小蒔LOVEな素振りバリバリなレスリング部「醍醐雄矢」
この5人が主要メンバーです。

名前はすぐに覚えられまへんえ~

ちなみに、↑画像下段の真ん中の少女の成りの果てが、冒頭の死体さんです。
その隣の彼氏は、彼女を餌にまんまと誘き寄せられてしまいました。

tokyo1-3.jpg
そして颯爽と現れるアーチャー・小蒔
宝具を駆使して、敵と応戦します。

他のメンバーも人外の能力を持っているようです。
街の人達がゾンビ化した原因の敵を倒します。
トドメは主人公のフード少年。

主人公たちの裏で色々事件が起こっているカンジ。



原作を知らないんだけど、初っ端から飛ばしてるんじゃないの?これでいいの?
シリアス展開なんだけど、ところどころに笑える場面があってイイ。
主人公が転校してきて、しばらく経った後っていう変なところからスタート。
まあ、いいか。


今後の、鷹野三四の活躍に期待(ぉぃ