tokyo10-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第10話 外法編「菩薩眼」

タツマくんに彼女が出来ました、って杏子からタレコミ。
前回、菩薩眼がどうのこうのって話で、葵が目を押さえて痛がっています。
九角が葵に「お前の力は人を不幸にする」と言い、俺がなんとかしてやろうとあからさまに怪しいですが、誘惑します。
そんなことは両者承知で、「本当のことだから」と九角は付け加えます。

tokyo10-2.jpg
そんなことはつゆしらず、タツマくんは彼女とらぶらぶ。
でもこの娘、ギターリスト戦で死んだ娘じゃ・・・

葵はタツマのラブラヴ現場を目撃して、哀しみに打ちひしがれます(ぇ
かるい嫉妬だ、たぶん。

如月は何か決意めいた感じで葵を呼び出し。
京一が嗅ぎつけ、如月を問いただします。
菩薩眼を持っている人が現れたら、殺さないとタイヘンなことになる!と京一に説明する如月<なんか緊張感ない文章ですが、状況はかなり緊迫しております。

葵を殺させはしない!と京一。
邪魔はさせないーから~♪と如月(ぉぃ

tokyo10-3.jpg
そんなやり取りを立ち聞きしてしまった葵。
結膜炎のような目をした葵は、たまらずその場を駆け出します。
悲壮感あふれる表情がなんとも可哀相です。とくに結膜炎が
そして首尾よく九角にさらわれる葵。

タツマはタツマでいろいろやっている模様。
なんか事情がおありのようでして。



web拍手
tokyo9-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 外法編 第九夜「激しさと優しさで」

弓女のことが脳裏から離れず、弓が引けなくなる小蒔。
吐いちゃいます。うえぇぇ

そんな小蒔を見兼ねて、愛弁当を作る醍醐だったが・・・
「この無神経!」
と一蹴(´・ω・`)

tokyo9-2.jpg
街では、金髪ガングロ娘が力を使って暴れていました。

京一は小蒔のところへ、励ましに行きます。
「いつまでもメソついてんじゃねぇ!」

め、メソっ・・・?

いや、それはいいとして。軽いジョークを混ぜる辺りが京一らしい。
いい奴だ、うん。醍醐ぴんち(ぇ


醍醐は再度弁当を作って小蒔にアタック。また弁当かよ!
「あなたを守る!だから、あなたは自分を守ってください」
まっすぐな思いを小蒔にぶつける醍醐。

tokyo9-3.jpg
力が暴走し、暴れまくる金髪ガングロ娘。
ってゆーか阿鼻叫喚?

弓が引けるようになった小蒔。
「弁当サンキュ!美味しかったよ」
醍醐感涙。

暴走の果て、力を使い果たして斃れるガングロ。
そんな時。美里の力か、鬼の力が浄化されて元に戻るガングロ。

九角「見つけたぞ、菩薩眼!」
とか言ってます。菩薩眼?ナニソレ食える?




ご飯が作れる人になりたいです。
web拍手
tokyo8-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 第8話 外法編 第八夜 「穴の女」

街では鬼が起こす事件を真似て、人が事件を起こすことが多くなってきていた。
いわゆる模倣犯。
事件についての記事を見ても、どれが鬼の仕業か判別がつかないと言う遠野。

左上の彼女は鬼なわけですが。
自分に合う右腕が欲しいそうです。


ラーメンを食べに行こうとする一同。
タツマが呟いた「いちごラーメン」がすごい気になるw

しかし、小蒔は弓道の大会が近いということで、部活。

tokyo8-2.jpg
小蒔を尾ける女。
小蒔の腕が具合よさげ、ということで狙いを付けられてしまいました。

大会当日。
醍醐が朝から9時間かけて丹精込めて作った弁当を頬張る小蒔。
醍醐、何時起きだよ!

真ん中のは例の巫女さん二人。
弓道やってて、小蒔の知り合いだそうで。
京一が気軽に、飯を食べないか誘いますが・・・

姉「妹を恐がらせんな!!」

うはっ。キツ~
「小蒔2号」と名づける京一。


そして、試合開始。
大会会場にやってくる女。
腕をよこせー、と仕掛けてきます。
他の人がいるのに、めちゃくちゃです。目撃者とかもはや関係ないです。

tokyo8-3.jpg
腕、ちょうだぁい?と小蒔を襲う女。
表情がいいです。トテモ、イキイキしてマース

戦闘途中で思わぬ闖入者。
タツマを襲う九角。

九角「お前は一体、何なんだぁぁぁ!!」

何なんだよ、って何だよw
九角「お前は一体、(私の)何なんだぁぁぁ!!」
勝手に挿入。ああ、九角はタツマに淡い恋心を抱いているんですね。
ごめんまた嘘ついた。


女の方はというと、醍醐と小蒔の連係プレーで倒します。
やったネ醍醐。

tokyo8-4.jpg
女「また桜井小蒔に馬鹿にされた・・・」
と小蒔を知ってる風に言う女。
しかし、小蒔には心当たりがない模様。

女「覚えてないってぇ!あははははははは」

そして、這いずって飛び降りる女。
落ちる間際に「もし、弓が引けなくなったら・・・」と小蒔に告げる女。
その言葉を聞き、中学生の都知事杯(決勝?)を思い出します。


待合室で、お互い悔いの残らないよう頑張ろうと話しかける小蒔。

女「もし弓が引けなくなったら・・・私なら死ぬわ」

と、真剣に言う女。

小蒔「カッコイイ~!でも、負けないからねっ!」

微笑ましい二人。
全然馬鹿にしてませんよ。それを女の方もわかっている感じ。


一体何があったんでしょうね。
事故か何かで腕が使い物にならなくなり、小蒔に告げた通り自殺したんでしょうか。
小蒔とのことが未練というか、その強い想いが鬼化したときに憎しみに転化したのか。


まあ、詳しいことはよくわかりません。本筋とは関係ないだろうし。
今回、彼女のイキイキとした表情がとても良かったので、見ごたえありました。
九角はタツマに何かを感じているようで。女の方が倒されたら、即行退散しましたけど。
また守れなかった・・・と心底悔やむ葵。毎回のことで、ちょっとウザいです(ヒドイ)
web拍手
tokyo7-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 外法編 第7話「鬼道衆」

この丸っこい生き物は、葵と如月くん。
如月は葵に仕えている家柄。
お嬢様をお守りすべく、訓練を積む如月くん。
「この命、たとえ失ってもっ!お守りいたしますっっ!」ってカンジ


現代の葵はというと、如月と連絡がつかなくて授業中も上の空。
机の上にノートも教科書も出さないで授業を受けています。
そりゃマリアせんせも怒るって!

tokyo7-2.jpg
梅喧似の姐さんは、なんか降霊術みたいなのをやってます。自分の体に。

遠野杏子は、タツマたちを「鬼退治部」と名づけています。
まあ、「モモ太郎部」じゃなくてよかったな、と思います。心底。


突然学校に現れる如月。
何があったのか聞く葵たちに対して、如月は自分が色々調べていたことを話し始めます。
「下法」を使う「鬼道衆」について解説する如月。そして、タツマたちに「無事では済まない」「命を賭けて戦う勇気があるか」と今更のように問います。

YES! Off,Course!! といわんばかりに、気持ちのいい返事をする皆。

tokyo7-3.jpg
如月の案内に従い、如月家の聖域へ行くタツマ達だったが・・・敵の襲来。
結界なんてなんのその。つか、かなりぴんち。

しかし、そこは主人公。気張ります。
如月の持っている剣は、結構重要な剣らしい。
如月家の聖域に隠していた&鬼道衆はこれを狙っている(この前トドメを刺さなかったのは、この剣の在り処を探すため)

tokyo7-4.jpg
そして。
激しい戦いの最中に、弾けて飛んだ刃物が金髪娘の服を破ってしまい・・・

Snap2007_3_7_20_13_46.jpg

ぶ っ 殺 す !

YEAHー!!


tokyo7-6.jpg
金髪娘「"あの方"に頂いた大切な服なのにィーー!みんな逝っちゃまえーー!!」

金髪娘はマダンテを唱えた。暴走した魔力が爆発を起こす!!

・・・しかしタツマには効かなかった。


タツマ達は破壊と混乱に乗じて逃げることができました。
如月はタツマ達が本気なのか試した、ということでした。あ、そう。


金髪娘のキレ方が良かったですw
web拍手
tokyo6-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 外法編 第六夜「生地獄」

メガネッ娘、大活躍!

もはやメガネ娘と呼ぶのは止めよう。
彼女の名は遠野杏子。
悪に立ち向かう正義の味方に必要不可欠である、情報面での強力なサポーター。
その大体が「新聞部」に所属している。
物語を構成する中で、重要なファクターである変なキャラクター(個性)を持ち、物語そのものを盛り上げることが多い。
サブキャラでは必須!これなきゃダメ!(言い切るのか)
サブキャラのキャラが立っている作品は、イイ作品が多い。と思う。

余談だが、「結崎ひよの」もその一人である。


・・・
初っ端から意味不明なこと口走ってゴメン。謝る。


前回からの続き。
誰かの強い思念によって、目を覚ますことの出来ない葵美里。
それは同じ中学の男子生徒の仕業だった!

遠野杏子はニュースを見て勘付き、方々から情報を集めます。
登校拒否から立ち直る遠野!
速攻で犯人を割り出し、タツマ達に犯人およびその居場所を教えます。
しかも動機まで・・・こぇぇえ

これからも、専属のリポーターとして大活躍することでしょう。

tokyo6-2.jpg
強烈ないじめにあっていた犯人。
心の支えになっていたのは、橋の下で密かに飼っていた犬。
餌をあたえているところへ葵が偶然やってきて、仲良くなる二人。

だったが、いじめグループに犬がみつかってしまい・・・
犬は*されてしまいます・・・惨い

そして。
例の梅喧から力を得た男子生徒は、いじめグループに復讐。
唯一優しくしてもらった葵だけを受け入れようとし、現実世界での葵も狙います。(葵の精神は前回で自分の夢の世界に閉じ込めた)


タツマ達は犯人を捜してて不在な為、医者と看護士が結界を張ったりして踏ん張りますが・・・
結界は破られてしまいます。

tokyo6-3.jpg
今度は、看護士・高見沢舞子の活躍で犬の怨念を払います。
今回、タツマ達は何もしていないような
夢の世界で、その子犬は「もうやめよう…」という眼でクゥ~ンと鳴きます。

男子生徒「大切なもの(犬)を守れる力がほしかっただけなんだ…」

自分の飼っていた犬を目の前で失った男子生徒。
その胸中を察すると、同情を禁じ得ません。

葵は「その力はきっと大切なものを守る力に使うことが出来ます!」
と、なんか仲間に引き入れようとしてます

男子生徒は改心したかんじ。
暖かい光に包まれながら、夢の世界は崩壊していきます。

tokyo6-4.jpg
無事目を覚ます葵。
と、色々嗅ぎ回っていることがウザがられ、こっぴどくやられてしまう如月君。

梅喧「今日はこれくらいにしとくよ」

トドメを刺さないのか・・・


まあ何はともあれ
解決したのは遠野杏子といえよう。
あと高見沢舞子。
web拍手
tokyo05-1.jpg
東京魔人學園剣風帖 龍龍 外法編 第伍夜 「夢地獄」

街では不審な死を遂げる人が。

雷人は去っていきました。
「縁があったらまた会おう・・・」(助っ人として後々登場しそうですか)

これ以上犠牲を出したくない葵は、街の人のために戦うという決意表明をします。
が、葵と普通の学園生活を送りたいという小蒔は反対。

小蒔「自分ひとり守れないくせに!」

思わず言ってしまう小蒔。
喧嘩しちゃいます( ´・ω・`)

tokyo05-2.jpg
前回ラストで衝撃シーンを目撃した新聞部のコノ人は、登校拒否ってました。
葵はそれを気にして自宅訪問&謝罪。
如月は一人で何か調べ物をしている模様。


学校では、相変わらず気まずい雰囲気の葵と小蒔。

tokyo05-3.jpg
久々のマリア先生きたー!

女子はプール。
夏だ海だ太陽だぁー

突然様子がおかしくなる葵。
わけわからーん
葵には変な包帯男が見えてます。

包帯男「やっと会えたね・・・葵(犬の「ハッハッハ」という声)」

そんなこと言う人、キモイです。

tokyo05-4.jpg
異変を察知したタツマ&京一は葵のところへ駆けつけます。
3階くらいから飛び降りる二人に対して、マリア先生の「ぬぁあんてこと!」がいい<もーええわ

犬神先生の言われるまま、ある病院へ葵を運ぶタツマ達。
ごっつい医者登場。

最後に壊されている祠みたいなもの。
これと龍脈の乱れとなにか関係があるんでしょうか?




そういや、ゲットバッカーズ終わっちゃいましたね。
マンガ見てないんですけど。
web拍手