おおかみかくし 第11話「終焉」感想

ねむちゃんとぶ頃に
担任の身体が逞しい

あの筋肉がようやく役に立つ時がキタ!
と思ったら残念ながら戦うシーンはなし。なんだ、筋肉の持ち腐れか


ダムが決壊すると町が!
・・・って、崩壊した時の事を考えて作ってないのかΣ(= ロ = )
または、最初から水底へ沈める気で作っていたのカナカナカナ…

そんな事実知ったら、おちおち寝てられないですよね。
梅雨時期とか、不眠症になりそうw
この後のゴーストタウン化も已む無し。


首尾よくダムの水門を開く儁ちゃん。

土石流の容赦無き暴力が人々の住処を蹂躙するッ

こえぇぇぇぇ
川の氾濫ってチャチなレベルじゃないっす。土石流こわい

はやく高い所へ非難しろぉおおお!!


と焦っていたら なんか水、止まりました


そしてついに儁ちゃんを追い詰めた!
が、銃をぶっ放して強気の態度。

そこに香織さんが登場して、儁一郎と崖下へ身投げ

怒涛の展開に、八朔祭は衝撃の幕引きを見せたのであった・・・


えぇぇぇ…説明が不足すぎでしょぉ…
で?蜜は?衝動は?
今の所、薬で抑えてるという状況は変わらないということですか。
先の一件で引っ越す人が続出します。
一気に過疎化しちゃったようですが、町はまだまだ元気な様子でした。はっさく~はっさく~



博士「眠さん」

"さん"付けwww
照れる眠ちゃん。本当の笑顔を初めてみたような気がします。


これから皆で手を取り合って頑張っていこう―

ユートピアを目指して by博士


最後に博士君がまとめて終わり。ユートピア(笑)
・・・御無礼。


おわり



そして最終回はまさかのカオス回?www
関連記事
web拍手
2010-03-22 15:39 | カテゴリ:おおかみかくし
コメント(1) | トラックバック(2)

管理者のみに表示する

トラックバックURL