raki1-1.jpg
らき☆すた 第1話「つっぱしる女」

OPがヤバイ。
動きが良いです。怪しい腕の動きの所がいい。
こう、腕を外側に広げてるところから内に持ってくるのが。
あと指連射の所もよい。

平野綾が主人公の「こなた」やってます。
アニメ・ゲームが趣味という、オタクなキャラ。
ギャルゲーとかえろげーとかいう単語を喋っていました・・・少し引いたぞ

raki1-2.jpg
チョココロネの頭は上と下どっちか等、食べ物について他愛無い話で盛り上がる三人。
・・・幸せな奴らです。
そんな時間がずっと続けばいいと思っていたあの頃――

何でもない日々が大切だったということを思い出させてくれました

※その様なアニメではありません

raki1-3.jpg
こなた黒い
ネトゲの話やら、プロ野球始まったから深夜アニメの放送時間ズレてムカつくとか。ああ、ズレるのヤだよね。

オタクキャラを前面に出している主人公女性キャラって、思いつかないなあ
主人公じゃないけど大野さんとか?

raki1-4.jpg
締めはチョココロネネタ。


終始、のほほほ~いとした雰囲気でした。
OPが良すぎてワクワクドキドキだった心も、アニメを見ていると治まっていきました。
思っていたより内容の無いアニメでびっくりしたw

あと、主要キャラが4人てのと、各キャラ立ちから少しましまろっぽいかなーと思いました。

OPを見て期待しすぎていましたねw
関連記事
web拍手
2007-04-10 03:33 | カテゴリ:らき☆すた
コメント(0) | トラックバック(3)

管理者のみに表示する

トラックバックURL