ookiku2-12-0.jpg
おおきく振りかぶって~夏の大会編~ 第12話「9回」感想

最終回!(野球的な意味で)
ookiku2-12-1.jpg
9回表、最終回。ササッと切り抜けていきたい所でしたが…
モモカンのサインが看破されてしまうという事態。
連打、犠牲バンドされてピンチ!

そして、簡単にタイムリーヒットを許してしまいます。
この異変に田島が察知。サインが盗まれている可能性を危惧し、組立てはバッテリー任せに。

しかしバッターは美丞4番。
三橋の放った変化球は・・・軽々とオーバーフェンス

痛恨の3ランホームラン。
9回表に、4点。大きい・・・あまりに、大きい


ookiku2-12-2.jpg
11対5。
集中が切れてしまったのか、ストライクが入らずフォアボールを出す三橋。
次の打者は打ち取ってフライ。しかし、これを落としてしまう緊張の栄口


三橋は自分が皆を緊張させている、不安にさせていることに気づき…

三橋「ワンナウトォオオー!」

叫ぶ三橋。

田島「ワンナウトォーーー!!」

三橋に呼応するように続けて叫ぶ田島。
この掛け声でチームの雰囲気が戻り、立て直します。


「俺が皆を落ち着かせられる」「俺がエースなんだ」

鳥肌立った・・・三橋ぃいいいいってなった。
もう、何か、画面が滲んで見えないんでずげどぉ



田島と二人で投球を組み立てていく三橋。どんどん成長

ookiku2-12-3.jpg
9回裏、反撃の西浦。
1点返す西浦。・・・しかし、反撃もそこまで

ラストバッターは途中から出場の西広。

三振。そして、試合終了


阿部の前で涙を流す三橋。
自分の力のなさや、今まで阿部に任せきりだったこと。悔しさと申し訳なさで一杯なんでしょうね。


モモカンは選手達を褒めるでも叱るでもなく、悔しさをエネルギーへと変えるようにと発言。
すぐに次を見据えてます。いい監督だぁ・・・




今回の試合でそれぞれの問題点が浮き彫りに。
試合は負けてしまいましたが、実りの大きい試合になりましたね。
各々がやるべき事が見えてきたかな~

次回最終回?
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL