idol5-1.jpg
アイドルマスターXENOGLOSSIA 第5話「冷たい手、温かい手」

録画したものに青い線が・・・
ほかのチャンネルのは綺麗に写ってるのにーぃ、なじぇ?

それはそうと、春香の成長っぷりが速いです。
もう一人でドロップを撃破できるようになってます。…チョットハヤクネ?

同期の雪歩はどうかというと・・・まだアイドルに乗れてません。
インベルを起動できないと、アイドルマスターの候補から外れるという危機が。

シュミレーションで特訓する雪歩と春香。
春香の要領悪い説明ではさっぱりコツがつかめない雪歩。
そこで救世主登場!

コーチ!コーチ!!
伊織「コーチっていうなぁぁ!」

でも、コーチと呼ばれるとまんざらでもない様子。

伊織「いいかぁ、私がコーチになったからにはぁ、貴様を3年で全国を狙える選手にしてやる~」

やっぱノリノリ。


つーかインベル動かせっていうの、かなりキツくありません?
ネーブラじゃいけないんかなぁ。ネーブラには真と伊織がいるから?
真か伊織がインベル動かせられればいいじゃん、とか。

idol5-2.jpg
特訓の日々が続き、本番当日。
どこか元気のない雪歩。
春香はおまじない、といって雪歩の手をとり廃ビルへ向かいます。

階段の途中で亀裂の入っている部分を、軽々と飛び越える春香。
それを見た雪歩は・・・

雪歩「春香さんはすごいです。。私は失敗したらどうしようって怖がってばかり」

胸の内を吐露する雪歩。
そして、春香は昔のことを雪歩にも伝え・・・

大事なのは「ほんの少しの勇気と強い気持ち」
怖がってたら大切なものは手に入らないよ、と。

idol5-3.jpg
雪歩に「行こう!」と言って手を伸ばす春香。

この件は、もうまさに3話のそれと同じですね。
2度目で、しかも以前より間隔が短いから、ちょっとなぁというのが正直な感想。


そして・・・
雪歩はインベルを起動させることが出来ませんでした(ガーン

idol5-4.jpg
しかしジョセフは雪歩に、春香のバックアップをするようにと、後方支援という形で新たな役割をプレゼンツ。
良かったね、と抱き合う感動のシーンでこの娘は、また!


感動が台無しですよo(`ε´o)プンプン
・・・今わかった。
あずさ達が、何故雪歩をアイドル候補から外したか。
アイドルに乗っている時に寝られたら、大惨事になるからだ・・・
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL