iroha21-0.jpg
花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」 感想

とおるんのこの顔↑が頭から離れない!

なんつーか・・・AA作られそうな、ほんとびっくりするくらいある意味良い表情
iroha21-1.jpg
リア充・縁んぐ、崇子さんと結婚表明。

2人の愛の炎は、一気に燃え上がったようです。
縁んぐ・・・えにしんぐ・・・ぉ、覚えましたし


文化祭の一件と、徹と結婚についての会話でちょい浮かれみんち
様子がおかしい民子をみて、仕事で悩みがあると勘違いする徹。弟子を気に掛けるとおるん優しぃ

しかし、徹の口からは「緒花」の名前。
憎まれ口に見え隠れする、徹の緒花への好意―

これは民子きついな・・・とおるんにぶちん!ほびろん!!

iroha21-2.jpg
「徹さんにいつも迷惑かけて、いつも頼ってばかりで」と、緒花に八つ当たりする民子。

迷惑かけて頼ってるのは自分の事で、緒花が悪くないのはわかってるから、言ってて自己嫌悪で最悪の気分なんだろうなぁ。
そして、訳わかんなくなって出た言葉が「うっさい、死ね」
民子 損な性格だな・・・思いっきり泣けばいいのに

あと風呂場で揉み合うのは危険だと思うのー。ゆっるゆっり<違ぇ!!




女将に認められていない、と気にして結婚の話を白紙に戻そうとする崇子。

昔の話をする女将。「喜翆荘」の名前の由来が明らかに。
 『女将のスイが、自分達が喜ばないと客も喜ばない』
女将の亡き夫がイケメンすぎる!

女将「縁を、あの子の喜びをよろしくお願いします」

泣いた
いい台詞すぎる。。ここまで言われて結婚をふいにする人なんていないわ。

しかし、「喜翆荘は継がせる気はない」という女将。その真意は―





喜翆荘は今の女将・スイが喜ぶためのもの。
『今の』喜翆荘は継がせる気はない、ということなのかな。

縁が継ぐなら今の喜翆荘は終わって、新しい喜翆荘に・・・

「喜崇荘」になったら、客こなさそう(ォィ
関連記事
web拍手
2011-08-24 18:00 | カテゴリ:花咲くいろは
コメント(0) | トラックバック(4)

管理者のみに表示する

トラックバックURL