fatezero01-0.jpg
Fate Zero 第1話 「英霊召喚」 感想

を洗う戦いが、始まる・・・!
fatezero01-1.jpg
まず始めに。
自分はFate/zero小説未読で、感想でのネタバレはないです。
ただ、Fate/stay nightは原作プレイ済なので、そちらの内容には触れる事があります。
設定など忘れてる所は徐々に思い出していきたいです。

Fate PC版の発売から7年か…もう7年なのか、まだ7年なのか。
何を隠そう、発売日に買った私なのだぜ!ふぅーははは


さて前置きはこれくらいで、早速忘れていたものを思い出せました。

Fate熱というものを。

うぉー超熱い!かっこいい!シビれる!!
zeroはとにかく登場人物達が渋い。
ぬらりひょんのジジイ(間桐臓硯)には反吐が出るけど


切嗣と綺礼が互いを意識するシーンは、ふつふつと熱いものがこみ上げてきます。
まだ燃え盛ってはいない、けれど今にも発火しそうな炭みたい。
人物のイメージカラーとしても炭って合ってる気がする。

fatezero01-2.jpg
Fate/zeroに出てくるのは、渋いおっさん達だけではありません。
ちっこい凛かわええ!
子供は大人に対して察しがいいというか。綺礼が味方ではないと本能的に察するのかね。

そして桜には幸せになってほしい。
「Hevens Feel」の映画化はまだですかー?
いずれしそうではあるw
余談すぎるのですが、自分の中で桜のテーマソングはangelaの「Pain」という曲。


儀式により、召喚される英霊たち。
交錯する戦略に策略、命を賭した戦い。そして悲劇…
いよいよ始まる聖杯戦争に、期待せずにはいられないな



用意されている悲劇へ向かう、というのは喰霊-零-でもあったように監督あおきえいさんの得意とする所かもと少し思ったり。
Fate「zero」喰霊「零」・・・おおう、何かさらに燃えてきた

関連記事
web拍手
2011-10-04 21:11 | カテゴリ:Fate/Zero
コメント(2) | トラックバック(18)

管理者のみに表示する

トラックバックURL