tamayura09-0.jpg
たまゆら~hitotose~第9話「ももねこさまの憂鬱、なので/失恋カメラ、なので」感想

ラブリーももねこ様
tamayura09-1.jpg
あ、ももねこ様でも怒ることあるんだ。
冒頭から新しい発見で、ももねこ様好きにはたまらないです。
しかも人語が理解できるももねこ様。のりえの言葉にムカムカ腹を立てていましたw

周りの猫からも尊敬されて、頼られているみたいなので猫達の中で神さま扱いなのかも?
そうかー、ももねこ様は猫神だったかー
どうりで親近感のある猫サマだこと!


猪退治に一度は屈したももねこ様(落ち込む姿も、いと可愛らしい)でしたが、おだてられて一念発起。
勇ましく猪と再戦するももねこ様に加勢する香たん。
二人の勇気が、チーム・肉球の勝利へ繋がりましたw

tamayura09-2.jpg
Bパート。
失恋でお好み焼きを食らう女・志麻子(cv斎藤千和)

ほぼろ焼きの大量注文にノッて、炎の料理人と化す店主ちも。
先生を眩しすぎる笑顔で制したりと、ちもっちは本当に良いキャラしてるよね。


志麻子を迎えに来る友達のまなみ。
失恋は竹灯りの晩にした様子。そういえば告白の話で盛り上がっていたね…

恋話を聞いた麻音の妄想がすごい
是非僕とお友達になっていただきたいですお願いします

tamayura09-3.jpg
志麻子をドライブに誘うさよみ姉さん。

失恋なんて、超速で吹っ飛ばせ!

姉さん、自分がドライブしたいだけなんじゃ
是非zeroのアイリと勝負してほしい。ライダーの英霊になれるのはどっちだ。
どっちも声優が大原さんなのは、何か意味が…w


綺麗な夕焼け。
夕焼けの光景は綺麗だけど切ない。黄昏れて、ふと考え事しちゃう場合があります。
気持ちを吐露するのに最適な場所へ連れてきた、さよみ姉さんの配慮が優しい。
決して自分がドライブしたい訳じゃないっ!


いっぱい泣いて、いっぱい叫んで

大食いのように自分の内へ溜め込むのではなく、思いを発散させる
失恋の時はね。泣きたい時は泣いていい。
思いが溢れた泣き顔の写真がすごく良く撮れていて、思わず感嘆の声を出してしまいました。

これを機に失恋は吹っ切れたことでしょう。
後でこの写真を見た時に蘇るのは失恋の悲しみではなく、気持ちを吹っ切った良き思い出となっていると自分は思います。




今回はいつもと違う『たまゆら』でしたね。
前半は『スケッチブック full color's』のような雰囲気になっていましたw
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL