anonatu11-0.jpg
あの夏で待ってる 第11話「行かないで、先輩。」感想

なにこの怒涛の展開・・・!
anonatu11-1.jpg
イチカ姉によると、救難信号発信の件は思いのほか大変な騒ぎになっていた模様。
当事者のイチカは事の重大性に気づいてなかったうえ、異星交遊しちゃっていた!

どうやら開発レベルFの地球人との接触は連盟法とやらに引っかかるらしく、見つかると逮捕されてしまうらしい。おおう、SFってキタ


納得していないイチカですが、星へ帰らざるをえない状況。
その程度で諦められる恋なのか、と弱気のイチカを叱咤する柑菜。
柑菜ちゃん、よく走るね。走ってる時には青春の風を感じてるに違いない。ええのう…


海人はイチカと一緒に連れて行ってほしいとイチカ姉に言いますが、これも法に触れるため却下。。イチカのため、と言われたら強くは引き下がれない海人でした。

anonatu11-2.jpg
しかし、イチカのことは諦めていない海人。そんな海人とイチカのピンチに、頼れる仲間たちが助太刀いたすとやって来た!

イチカ「行きたくない、帰りたくない、離れたくない…海人くんが好きなの!」

哲郎たち3人に加え、さらに強力な助っ人登場!檸檬先輩ぃいいイイ
タイミング見計らってたんじゃないかと思うくらいイイトコで出てくるなぁw
こんなに頼もしい「う ふ ふ ふ ふ」をこれまでに聞いたことがないぜ。


イチカの言う「あの場所」はイチカの星の技術では探せない場所。つまり、地球が宇宙的に高レベルな技術と既に接触していたという痕跡が残されているかもしれない、とイチカ姉に聞いたことを話す檸檬先輩。

開発レベルFの地球人との接触がダメなら…レベル上げちゃえばいいじゃない

anonatu11-3.jpg
地図を持ち出し、しらみつぶしに探す海人達。
これって宇宙レベルで大逸れたコトしてるんだろうけど、夏休みの課題を皆で手分してやるのと似たワクワク感があって、どこか楽しげ。

実際、余裕はないはず。
でも皆で一つの目的に向かって何かするってのは楽しいんだ。
映画撮影をしているのと同じなんだと思う。状況は切迫しているけどね。
BGMも明るいものになって、楽しさが伝わってきます。いいよ、すごくいい。


そしてついにその場所を発見。
しかし、捜索隊が地球へ近づき時間がない。ワープも出来ない…!

anonatu11-4.jpg

檸檬「こ ん な こ と も あ ろ う か と」

免許各種&車を用意していた檸檬サマサマ、先輩カミサマ!

全員で協力して目的地を目指す檸檬カー。迫る追手から逃れるカーチェイスには興奮しっぱなし。1人1人の見せ場があって退場していく展開好き。忍び寄る敵の手を掻い潜っていくのも大好きだ!


ラスト、檸檬カーが横転しちゃってすんなり行けなさそうですが、愛の力で辿りつける…よね?車がぶつかった透明なヤツは普通に考えて追手だけど、移動手段が断たれてキツイなぁ…連れ戻されないことを祈るッ

この作品のエピローグがどんなものになるか、次回が気になって仕方ありませんっ
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL