上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
taritari09-0.jpg
TARI TARI 第9話「白くなったり赤くなったり」感想

ヒーローはガンバラないといけないンジャー。
taritari09-1.jpg
日本でガンバってる自分を伝えることで、遠い地の気弱な友人(ヤン)に勇気を与えていると信じて手紙を送り続けていたウィーン。
けれどその手紙は友人へは届いておらず、自分の元へと返送。ヒーローの任務は失敗していたのでした。


高3で転校してきた帰国子女。訳アリな雰囲気漂うウィーン。
昔住んでいたとはいえ、ほぼ見知らぬ土地で生活を余儀なくされているのだとしたら・・・ウィーンにとって、友人の支えになれている事が心の支えになっていたかもしれません。その拠り所を失ったウィーンの空しさが半端ない。

ヤンと共に行方の知れなくなったガンバレッド。
ウィーンの中にある"ヒーロー"も行方不明になっちゃっても不思議ではないです。


taritari09-1a.jpg
しかしウィーンのヒーローに対する熱き想いは失われていなかった。
どこかの誰かに光を与えている太陽レッドは、地球の希望の星。太陽が輝きを失えば、地球がどんなにガンバろうとも朝日は昇ってこない。
そして極めつけの決めゼリフ「地球は俺達が周す!」

周す=公転させる、か。・・・深いっ! by来夏

taritari09-2.jpg
でも太陽がどんなに輝きを放っていても、光を浴びるには貰う側も自転しないといけないですね。ようは救われる側も手を伸ばさないと駄目って話。

誰かが救いを求めて手を伸ばせるように、輝き続ける太陽になれるといいね。ヤンと再会できなくても、ウィーンなら子ども達に希望を与えられるヒーローになれる。そう思えるほど、ヒーローについて語る彼は輝きを放っていました。

それはそうと、カレーぼぉおん!な来夏が可愛すぎて何度リピート再生したことか。キミはボクにとっての太陽


生徒を導くはずの校長の太陽が陰ってます。何があった!
教頭もその事で頭がいっぱいだし、こりゃ大問題らしい。学校が合併とか、音楽科がなくなるとかですかね?よし、生徒の署名集めて学園祭で盛り上がってそんな問題蹴散らしちゃいましょう。まっすぐGO!
 
関連記事
web拍手
2012-08-27 21:46 | カテゴリ:TARI TARI
コメント(0) | トラックバック(20)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。