上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
little_busters01-0.jpg
リトルバスターズ! 第1話「チーム名は・・・リトルバスターズだ」感想

「・・・知りたいか?世界の秘密を」

俺、斉藤っす。
というわけで、ようやくミッション(ブログ更新)スタートです。

little_busters01-1.jpg
どうも皆さんこんにちわ、チーム名が「リトルバスターズ」ではなく「オリバーソース」にならなくて本当に良かったと思っている俺斉藤っす。

まず初めに。
自分は原作プレイ済です。感想でのネタバレには充分気をつけるっす。
でも自分がゲームやったのは4年程前になるので、一部お話の内容を忘れている箇所アリ(鳥頭なので)
それも含めて、少し前に抱いた感動や笑いを思い起こしながらアニメ『リトルバスターズ!』の視聴を楽しみたいと思います。沙耶の活躍に期待しています。


それにしても開始早々みんな口を揃えて「恭介」「恭介」って、どんだけお前ら恭介LOVEなんd・・・出番だぁあ恭介ぇええ!
ハイキック鈴よいねぇ(スカートの中を覗いたら、めっ!だ!)
クールに振舞う謙吾に、筋肉旋風の真人。筋肉がこむら返ってる!
こんな楽しい奴らと一緒だなんて、理樹は笑うしかないよ。

little_busters01-2.jpg
「皆と昔のように何かしたい」という理樹の呼び掛けは、もしも良いリアクションが返って来なかったら…と少しでも考えると中々言い出せるものじゃないと思う。

恭介は就職活動。謙吾は剣道部副主将で忙しい身だし、真人は筋肉が忙しい。鈴は女の子だ。それぞれの時間や立場があるわけで、子どもだから許された昔のようにはいかない。
そう、何もかも変わらずにはいられないです。


それでも理樹は言い出せるんですよね。リトルバスターズの皆は信頼できる仲間だから。
「この人達なら大丈夫」という確信があっても、大人になると本音や建前・気遣いetc...と色々考えちゃって口に出来ないものですよね。だから理樹の純粋さは惹かれるものがあります。

皆は理樹に気を遣って付き合うのではなく、それぞれの考えがあるにはあるけど結局のところ恭介がリーダーの「リトルバスターズ」が居心地よい場所であるのは間違いない。
裏を返せば"恭介離れ"が出来ていない現状。それを踏まえての野球チーム結成であり、ミッションでもあるわけです。

little_busters01-2a.jpg
立て込んだ事情はさておいて、今後続々と登場するレギュラー達が楽しみです。はやく全キャラ動いて喋るトコをアニメで見たいよ!

最後に。リトバスはOP曲が有名ですが、自分はED曲「Alicemagic」が好きで好きで。もちろんOPもいいんですが、Ritaの本領はAlicemagicのような曲調の方にある気がします。
アニメ『リトルバスターズ!』はゲームそのままのBGM、OP・ED起用と"これぞリトバス!"な感じがして、総じて大変好印象な第一話でした。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。