oniai02-0.jpg
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第2話「みだらね」感想

お兄ちゃんとならみだらな関係でもいいよねっ
oniai02-0a.jpg


リビドー全開なOPをどうもありがとうございました。




oniai02-1.jpg
禁断の兄妹モノである小説「禁じられた愛の物語」を読み耽る秋子。
それ自体は至ってフツーの事なんですが、普通じゃなかったのが小説の表紙を見た秋人の反応。1話では秋子の猛攻撃を軽やかに躱していただけに、"自分の前では読まないで"という秋人の狼狽っぷりは怪しさ満点。


その理由は「禁じられた愛の物語」の著者が秋人自身だったから。
・・・おいおいおいおいおい。「妹には全く興味がありません~」みたいな態度取っておいて、裏では兄妹モノの小説を書いていた・・・だと?


表面上はおくびにも出さず、妹への熱き想いを葛藤に駆られながらも切切と筆にしたためていただなんて・・・
上級者にも程があるよ、秋人。いや、秋人兄さんと呼ばせて下さい
会えなかった6年間で募らせた想いの強さは秋子に負けてないというわけね。ブラコンの妹にシスコンの兄、お似合いの2人じゃん。
何も心配はいらない、めくるめく兄妹ライフを始めようじゃないか!


oniai02-2.jpg
となると、ですよ?
この作品が描こうとしているのは「周りの魅力的な女性達の誘惑に負けず、兄は妹とゴールインできるか」ってコトになるわけですね!
あいわかった。お兄ちゃんだけど・・・いいよね?愛さえあれば関係ないよね?


真面目な話(?)秋人は妹との生活を支えるために小説書いてるらしいけど、収入が安定しなさそうな作家よりも他にやりようがあったはず。売れるかどうか分からない小説を書くより、バイトした方が確実性がある。
それでも筆を執ったのは創作したかったからだよね。

『現実では妹と結ばれることは無い。だったらせめてお話の中だけでも・・・』

秋人は自覚がないんだろうけど。兄妹モノを書きたいという深層心理が働いているんじゃないでしょうか。



guhehe02-3.jpg
そんなこんなで秋人のことばっか書いちゃったけど、秋子かわいい。ちょーかわいい。
「ぐへへ」と妄想で締まりのない顔になったり、「ぐぬぬ」と反論できずに黙り込む妹が私にも欲しい。ください。妹プリーズ。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL