hanikamu02-0.jpg
ひだまりスケッチ×ハニカム 第2話「5月18日~19日 上からゆの様」感想

下から俺様。
hanikamu02-1.jpg
はだけた浴衣の女性と、その傍らにもう一人女性の影・・・
やがて二つの影は重なりあっ…―うわけないだろう。百合妄想は程々にネ!

自分で言っておいてなんですが、ひだまりは単なる百合とはちゃうねん。

ゆのと宮子。
沙英とヒロ。
乃莉となずな。

言ってしまえば学年で分かれているだけに過ぎないけど、それぞれの対が見ていて本当に安心する組み合わせで強い絆がある。その対同士が結びついてより結束が強まっているのがひだまり荘なイメージ。吉野家先生はメロンや牛のイメージ(おっ  )



前回の続きで沙英とヒロは北海道でっかいどー編。
エンジン付きのスワンボートに笑ったんだけど、水上免許はいらないんです?乗ってみたいんだがw
あと、後輩たちを見守るストーキングゆのっちをストーキングしたい(危ない発言禁止)

hanikamu02-2.jpg
タワーの透けガラスの上に乗ろうとするヒロさん。ここのシーン、すっげぇ冷や冷やしたのは内緒だよ?・・・ミシッ...(頭蓋骨が軋む音)
透けガラスの下に一日中居座って双眼鏡持ってる奴いそうですよね。最低ですね、この発想自体が。


『先輩にお世話して貰って嬉しかった事を、後輩にもしてあげる』

銭湯に行こう!と、突拍子もない話でひだまり富士山の話銭湯行った話を忘れていたんだけど、ゆのっちの真意に気づいた時じぃいんと来ちゃった。
幸せの連鎖だよね。ハニカム連鎖と名付けよう。4期が始まってから"あったかさ"の持続時間が長くて、のぼせちゃいそうです。


×ハニカムはまだ2話目が終わったばかり。
先はまだまだ長いけど、湯冷めの心配なんてしなくても大丈夫なのが『ひだまりスケッチ』

この修学旅行話を最初に持ってくるのはやっぱり意味があるんでしょう。
沙英とヒロの二人が卒業してしまいそうな雰囲気があるけれど、二人がいなくなってしまう「不安」とは違うんだよね。たとえ4期の結びが卒業だとしても、ひだまりな日々は続いていくのだと確信しています。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL