little_busters02-0.jpg
リトルバスターズ! 第2話「君が幸せになると、私も幸せ」感想

星に願いを。
little_busters02-1.jpg

 見なかったことにしよう、
 見られなかったことにしよう~

その方がお互いの立場を鑑みて都合が良い。
こうどな政治的判断と取引、超法規的措置によって世界の秘密(アリクイぱんつ)は守られたのだった。
ということで、ほんわかきゅーとなメルヘン少女・神北小毬ちゃん登場。
癖のあるまきいづみボイスはとてもキャラに合っていて、幸せスパイラル振りまいてます。


理樹が野球メンバーを集めるのにまず女子を誘ったのは、鈴の事を考えての行動だよね。
現状のリトルバスターズは鈴以外は男のみ。鈴は自分から他人へ近づく子じゃないし、このままだと益々女子から孤立してしまう。

そこで、鈴のお友達候補になって欲しいと期待を込めて理樹が選んだのが小毬。小毬の人当たりの良さなら鈴も大丈夫と踏んだんでしょう。誰でも良かったわけじゃない。
しかしOPやEDでお分かりのように、リトルバスターズの周りには続々と美少女たちが集まってくることになります。理樹の人選センス半端ないッス!

little_busters02-2.jpg
人見知りの激しい鈴は小毬の登場に困りマックス。借りてきた猫状態になる鈴が可愛すぎですよ~ \こっちおいでーこわくないよーチッチッチー/ 鈴「フシャーッ!」


勧誘しておいて入団テストって失礼だよねw
まあ小毬を拒むつもりなんて恭介には無かっただろうけど。面白そうだからやったまでよ!バット持つ手が逆さだったり頻繁にコケたりと、思った以上に運動音痴っぷりが愉快なコマリンであった。
あと筋肉いぇいいぇい!と何も考えてなさそうな真人は、脳みそ全部が全部筋肉じゃなく鈴と小毬が仲良くなれるキッカケを与えてあげられる、優しい脳筋の持ち主。

little_busters02-3.jpg
筋肉以外の部分は弱かったりする?w


小毬に怯えていた鈴だったけど、最後にはじゃれ合う2人の微笑ましい光景が見れてほんわか。「鈴ちゃん」「小毬ちゃん」と、お互いにちゃん付けで呼び合ってずっと仲良しさんでいて欲しいです。



ナルコレプシーで突然眠りについた理樹はどうなってしまうのか―って、次回予告でネタバレしちゃってるがな。
今回はキャラ紹介の意味を込めて、もっとキャラクターを登場させるかと思ってたんだけど、小毬以外出ませんでしたね。じぶん浅はかなり!
お次の登場キャラは黒髪ロングの来ヶ谷唯湖さんです。次回も楽しみだ。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL