robono010-000.jpg
ロボティクス・ノーツ 第10話「うちらだからこそ造れるロボを」感想

ものぽーる、くんかくんか。
robono010-001.jpg

空からウンコ落ちてきた!

このウンコ、モノポールって名前のウンコかもしれないらしい。素手で触るとアレなので、木の棒でツンツンしちゃえ。放電してるウンコってスゴイな。

このウンコが沢山集まれば、そのエネルギーでロボット動かせちゃうとか。ウンコで出来てるロボットって何か嫌だけど、背に腹は変えられません。そういえば関係ないけど『SAO』のウンコソード(竜剣)を思い出しました。


robono010-001a.jpg

さびしそうに去っていくアキちゃんを見たいがために「いいえ」を選択するなんて、この物好きめ!




すばるんのセリフ噛み噛み癖は萌えポイント。自分もよく噛むので親近感わきます。
まともに動かすには新しい機体を作るべきだとすばるん。

robono010-002.jpg
動かせる巨大ロボットを作るには重量がネック。
単純に機体の高さが10倍になれば重さは1000倍になる、基本知識だと思うんだけどそれを知らなかったアキちゃんはもうちょっと勉強が必要かな。

アキちゃんの不勉強は、それだけミサ姉の設計を信頼していたって事でしょう。
頼りすぎていたとも言える。設計図を元に作れば必ず動く、と。
金銭面で止む無く材質変えちゃったりしてるので、設計図通りとは言い難く、またそれが失敗の大きな原因のひとつ。

熱い情熱だけでロボットが作れるわけじゃない。情熱に見合った技術力があってこそ成し得るロボット製作。


robono010-002a.jpg
『ポケコン越しに覗いて「ガンヴァレル」が動いているように見せる』

発想がユニークで面白い!
しかも現状の問題点を打破できる一手で、これには感心しちゃいました。


robono010-002b.jpg
「お姉ちゃんの夢は叶えるから、それまで東京で待ってて」

ガンつく1を完成させる約束に続きがあったなんて。でもそれがあるなら、東京万博にロボットを出展させる事で約束は果たせますね。約束を果たすのが最終目標ではないけど。


やる気があったりなかったり、部員同士かみ合わなかったり。
でも個々の歯車がかみ合った時に発揮される原動力が凄まじく頼もしい。その原動力があればロボットは動かせそうです。

ウチらだからこそ出来る造れるロボを。
「ガンつく2」プロジェクト、始動!
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL