上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
2012OP10_0.jpg

今年もやります。いや、やらせてください

「2012年TVアニメ OP10選」
 
2012OP10_1.jpg
ガールズ&パンツァー 『DreamRiser』/ChouCho

「根拠なんていつも 後付けだよ」
行き当たりばったりでもいいじゃない。感じる可能性信じてパンツァーフォー!

"(和了れる)根拠なんて、いつもアトヅケだよ"と、脳内で先付けして聴いてます。対戦校の面々が次々と出てくるシーン、滾るよね。



2012OP10_2.jpg
K 『KINGS』/angela

2012年一押しのオサレOP。刺激的な色遣いが脳をシビれさせます。
そしてなんと言ってもクレジットのフォントがとても瀟洒!スタイリッシュな映像とマッチしていて一つの画として魅入っちゃいます。
angela いいよね。



2012OP10_3.jpg
咲-Saki-阿知賀編 『MIRACLE RUSH』/StylipS

選考理由は説明不要な気がする。
春アニメを飾ってくれた阿知賀編。輝く季節に、胸をドンドコ高鳴らせてくれました。
阿知賀編のOPは1stシリーズ『咲-Saki-』と対になるように設計されているので、それも合わせてどうぞ。



2012OP10_4.jpg
さんかれあ 『絵空事』/nano.RIPE

同じくnano.RIPEでリアルワールドな人退OPと、どちらかを選ぼうと迷ってこちら。タイトルの紫色が一瞬ゾンビ瞳色(赤)に変わる所が好き。
どこか物悲しさの漂うOPラストに、切ない余韻が残ります。



2012OP10_5.jpg
じょしらく 『お後がよろしくって・・・よ!』/極落女会

マリーさんがお尻を出さない程度の差し障りのないOP。
今となっては本編Bパートの都内名所巡りを懐かしく思わせる田中将賀さんの一枚絵がステキです。

楽曲の方も楽しさ詰まっており、ポンと鳴る太鼓の音など落語の鳴り物を意識した音が合間合間に入ってきて賑わせてくれます。\そーかい/ \よいよい/と、つい一緒になって合いの手入れちゃう。

2012OP10_5a.jpg
見直して気づいたんだけど、戦車出てきてるじゃん!
じょしらくとガルパンの監督は水島努監督。
戦車は伏線だったのか・・・?と思い調べたところ、"「馬鹿が戦車でやってくる」のじょしらく仕様でガールズ&パンツァーの布石じゃない"との事。ほー、よいよい。



2012OP10_06.jpg
戦国コレクション 『back into my world』最終回ver/Sweety

前期OP『目をとじてギュッしよ』も捨てがたく、どちらかを選べずに迷っていた所に一筋の秘宝の光が。見つけ出した答え=最終回バージョン。
26話通して見てきた人にとっては、これ以上ない「ほうび」でしたね。

『back into my world』は本当に好きな曲で、今年トップ10に入る再生回数(iTunesによると100回は聞いている)。フルバージョンはピアノ伴奏の駆け上る感じが最高に心地良い!



2012OP10_7.jpg
つり球 『徒然モノクローム』/フジファブリック

ユキたちが楽しそうに江ノ島踊りを踊るもんだから、こちらもつい体を揺らしてしまいます。でもOP見返してたら本編の感動が蘇ってきて泣けてきた。
今年見返したいアニメを10作品挙げるとしたら、つり球はランクイン必至。



2012OP10_08.jpg
ひだまりスケッチ×ハニカム 『おーぷん☆きゃんぱす』/ひだまり荘の皆

至る所に六角形(ハニカム)が散見されるOP。
本編の方でも「ハニカム探し」が楽しくて、それらに込められた意味をアレコレ考えて感想書きました。水仙の花とかうんたらかんたら。
フルバージョンのラップpartはアーティシズム飛び出しすぎてて吹いたw

ハニカムOPについてはアニプレッションの方で記事を書いているので、よろしければそちらもご覧ください!



2012OP10_9.jpg
もやしもん リターンズ 『Wake Up』/ClariS

OPから入って作品にハマったクチ。
1期を見ていないのにも関わらず ClariS が歌うということで見てみたら、これが面白いの何の。菌が可愛いアニメかと思っていたら、それ以上に登場キャラクターが魅力的でした。

ところで『もやしもん』1期の公式全話配信、今年6月から未だにyoutubeで配信中なんだけど。いつまで公開のままなんでしょう?



2012OP10_10.jpg
ロボティクス・ノーツ 『純情スペクトラ』/Zwei

海翔の乗ってるカブのナンバープレート「128」が好き。128=キリの良い数字だと感じる種族なので。
アニメーションの方は曲に合わせた早い画面切り替えが癖になります。歌詞と映像を合わせている「スコール」部分も良い。あと、フラウ坊は髪おろしてた方が可愛い。





以上、2012年TVアニメ OP10選でした。

映像や楽曲など全ての要素を含めた総合評価による選考なので、曲単体のみであれば違った顔ぶれになりますね。
ちなみに他ブログ様の10選『物理的領域の因果的閉包性』のぎけんさんがリンク纏めてらっしゃいますので、そちらも読まれる事を激しくオススメします。

ED10選も年内には記事にしたいと思いますので、良ければそちらもお付き合い下さい~

ではでは
 
関連記事
web拍手
2012-12-29 03:25 | カテゴリ:OP・ED10選
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。