上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
2012ED10_00.jpg

これでラストォオオ

「2012年TVアニメ ED10選」
 
2012ED10_01.jpg
咲-Saki-阿知賀編 『Square Panic Serenade』/阿知賀のみんな

本編ラストとイントロの被せ方が素晴らしく、"次回はもっと面白くなる"と予感めいたものを感じさせてくれました。本編視聴後の満足感をこれでもかっ!というほどに高めてくれ、どんどん膨れ上がっていく期待値は青天井。

四角い宇宙はどこでもドア。これさえあれば何処にだって行けるし、遠く離れた友達の所にも必ず繋がっている。阿知賀の皆が雀卓から出てくる所は、そう語ってくれているように思えました。



2012ED10_02.jpg
じょしらく 『ニッポン笑顔百景』/桃黒亭一門

じゅげむじゅげむ・・・と落語ネタである名前を唱えている歌詞に意味はないけど、ソラで歌えると何かイイコトありそうで楽しくなってきます。
笑う門には福来ると思い込むポジティブシンキングさが大事で、どんな時も明るい笑顔を絶やさなければ物事は好転すると信じて。ソイヤ!ソイヤ!



2012ED10_03.jpg
新世界より 『割れたリンゴ』/種田梨沙

正直な所このEDが伝えたいメッセージはわからないのだけど、解らないものへと惹かれてしまう性には抗えずに見入ってしまう不気味で美しい映像。
綺麗に歌い上げてくれる渡辺早季役・種田梨沙さんの歌声と、時に音の止むメロディラインが癖になって耳に残りました。



2012ED10_04.jpg
スマイルプリキュア! 『イェイ!イェイ!イェイ!』/吉田仁美

プリキュア達が単に踊っているだけじゃなく、表情豊かに楽しそうに踊ってくれるもんだから、見ているこちらも自然と笑顔に。
とにかくキャラクターの表情がイキイキとしていて良いです。振り付けだけでなく表情もダンスに欠かせない要素の一つだと感じました。
やはりジャイロゼッターのダンスよりプリキュアのダンス。



2012ED10_05.jpg
戦国コレクション 『ダーリンとマドンナ』/吉川友

一度も振り返らず表情の見えない信長と、信長の傍にいられて幸せそうな光秀。
これは光秀の夢なんですよね。
そして光秀が起きる時には、大切な人は傍にいない。それどころか目を背けたくなる現実に絶望することでしょう。

2012ED10_05a.jpg
このED(夢)の続きが、本編19話のエピソードへと繋がっているのだとしたら。そう考えるとやるせない思いが募るばかりです。
振り返った信長の顔が笑顔であって欲しい、そう願わずにはいられませんでした。



2012ED10_06.jpg
中二病でも恋がしたい! 『INSIDE IDENTITY』/Black Raison d’etre

割れたリンゴその2。
エレファントマウス症候群を体感できる早回しシーン「荒野に佇む六花」がカッコイイ。
これを撮る為に何時間も立ち続け、その間ずっと自分に酔いしれている六花を想像してしまう?そんな筈はない。
きっと彼女は空と大地の境界線をじっと見つめているのだと思います。



2012ED10_07.jpg
ハイスクールD×D 『STUDY × STUDY』/StylipS

"鈴木典光さんが関わっているらしい"
と話題になり、ピンと来なかったけど『ちょこッとSister』の"ねこにゃんダンス"の人と知って思わず膝を打ったのは私です。当時、何度繰り返し見た事か!
ぬるぬるくるくる動いて回るアーシアの可愛さは胸にチョク。



2012ED10_08.jpg
這いよれ!ニャル子さん 『ずっとBe with you』/RAMMに這いよるニャル子さん

四六時中、ギブミーCHU、Be with you
と韻を踏んでいて、ちゅーちゅー言ってるニャル子さんの可愛さ詰まったED。邪神だけどこんなに可愛いニャル子さんを邪見にする真尋が理解できない!



2012ED10_09.jpg
貧乏神が! 『恋暴動』/HAPPY BIRTHDAY

互いに互いを意識して視線を飛ばし合う市子と紅葉がたまらない。
歌詞は女同士で男を取り合っている内容なのに、どうしてこんなにもマッチするのか不思議。
相手(女)の事が気に入らなくて、貶めたくて。いつもその人の事で頭の中を満たされているという点においては、愛も憎しみも変わらないですね。
そんな市子と紅葉の関係を思わせるエンディングの曲と映像。



2012ED10_10.jpg
モーレツ宇宙海賊 『LOST CHILD』/ももいろクローバーZ

不思議と飛ばせないED。
ED始めにサブタイがぼうっと光って消え、続くスタッフのクレジットが現れては消える演出が妙に好きでした。あと歌詞が所々聞き取れない曲って、妙に気になるよね。わたすのーわたすがーと、訛りっぽい歌い方もツボ。
何気にEDバージョン違いがあります。どこが違うのかは言わない。気にさせたモン勝ち。





以上、2012年TVアニメ ED10選でした。

ちなみに私は余程のことが無い限り、OP・EDは飛ばさない人です。作品の視聴意欲が高まったり、見る度に新しい発見があったりするので飛ばせません!毎回同じトコを注視している事も多々あるけれど、それはそれで。「ここ良いよな~」と独り言を呟きながら盛り上がってますw


これにて2012年最後の更新を終わります。今年もお世話になりました、来年もよろしくお願いします(小並感


それでは良いお年をー!
 
関連記事
web拍手
2012-12-31 19:00 | カテゴリ:OP・ED10選
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。