上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
robono16-0.jpg
ロボティクス・ノーツ 第16話「巨大ロボットが、大好きです」感想

がんばれガンヴァレル。
robono16-01.jpg
『ガンつくシリーズ・・・完成していたの・・・?』と、思わずメガネをすちゃっと装着して言っちゃいそうでした。
それにしても"稼働テスト"とはどうしてこんなにもワクテカカモシカするものなのだろう!

ポケコン越しで見るガンヴァレルの勇ましさには身震いしました。
『歩いた・・・!』と、思わずメガネをすちゃっと以下略。


robono16-01a.jpg
にわかに色めき立つ空気の中、綯さんから残念なお知らせが…。
JAXAの協力があってようやくここまで漕ぎ着けたガンつく2なのだけど、ロケット打ち上げの関係で今後ケージ使用不可&敷地内立ち入り禁止という事態に。これはかなりの痛手。


稼働テスト成功の喜びは束の間だったけど、ガンつく2の前へ・前へと足を踏み出す力強さには頼もしさを感じました。
様々な想いを乗せたロボ部の巨大ロボット。
今はロボットに対する社会的信用が失墜してしまっているけど。その信頼を取り戻すべく、一歩、また一歩と確かな足取りで進んでいくのでしょう。

robono16-02.jpg
確かな足取りで進んでいく筈だったのに。
これは神の与えし試練なのか。

「風のイタズラ」で女性陣のスカートがめくれるまでは良かった。
しかし、ガンつく2が強風に煽られてまさかの横転・・・しかもそこには昴。
人が事故で死ぬ瞬間ってこんな表情なんだろうなと、目を反らしたくなる程に昴の表情がリアル。頼む、無事でいてくれ。

極限まで軽くするといったボディの話や、ロボの下敷きになった経験のある淳和の話が脳裏をよぎって悲壮感が相乗効果でした。


robono16-02a.jpg
そしてダブルパンチの仕掛け。
瑞榎さんのHUGが暴走(暴歩?)して崖の方へ。瑞榎さんをハグして止めようとしたカイだけど、パワーアシストスーツの力に人は及ばなかった。。

まさに急転直下の展開で、崖下へと落ちてしまった瑞榎さんの安否が気になります。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。