little_busters20-0.jpg
リトルバスターズ! 第20話 「恋わずらいをいやせ」感想

伝説のヒップホップ伝説。
little_busters20-01.jpg
怒りのライジングニャットボールを放る鈴も凄いけど、130キロの剛速球をマスクも付けず平然と受け止める理樹が恐ろしい。さすが鈴の恋女房・リキコ。


世界の秘密が気になる鈴、今回も謎のミッションに挑みます。
その内容はサブタイトルにあるように、とある人物の「恋わずらいをいやせ」というもの。煩い、癒やせと漢字で書かずに平仮名で読めるようにしてある親切設計がポイント。

鈴は『恋わずらい』を知らなかったようで、これはさすがに無理もない話。『恋わずらい』はこみっくパーティーPC版のED曲ですよね、大好きです!
"たかが告白、されど告白なの"と悩める女の子の恋心がうまく表されている名曲。今でもそらで歌えるほどに好きじゃよ。


little_busters20-01a.jpg
恋煩いを患っているのは2-Aの1番・相川君。男の子でした。
意中の相手は笹瀬川佐々美さん。この年で「初恋かもしれない・・・」と頬染めてどきどき分度器な相川君がぴゅあぴゅあはーと過ぎる!

little_busters20-02.jpg
相川、伝説になる?

佐々美が好きな謙吾を相川が倒して、みりょく百倍アップ作戦。
謙吾を空中に浮かせた状態にし、お盆でコンボ繋げる作戦自体は良いと思ったんだけど、ツメが甘かったな。
「A定食お待ち!」じゃなくて「コロッケ蕎麦お待ち!」なら意表を突けて攻撃が成功したかもなのです。ささみ回だけに。


little_busters20-02a.jpg
鈴「おまえを前にすると胸がきゅーって苦しくなる、らしい。今なにしてるんだろって、勉強も手につかなくて・・・」

片思いの相手を"癒す"ことがミッションの達成条件。
癒すにはまず相談相手の気持ちを知るところから。今回のミッションで、鈴は他人の気持ちを推し量る力が少し身に付いたのではないでしょうか。


little_busters20-02b.jpg
笹瀬川佐々美、と名前を噛まずに呼んで頼みごとをする鈴。
その真摯な態度に心を動かされた佐々美のシーンが良かったです。誠意が伝われば、人は必ず理解を示してくれる。今回のミッションにより、鈴は多くのモノを得たように思います。

「メールは1日1回、なるべく相手の事を考えること!」と、佐々美を思いやって相川に注意している鈴は微笑ましかったですね。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL