上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
robono018-0.jpg
ロボティクス・ノーツ 第18話「そこに本物のガンヴァレルがいます!」感想

万博ジャッキーンシーン泣いた。
robono018-01.jpg

 アキちゃんとふたりっきり!
 夜通し、ダブルベッドの上で!
 アニメ『ガンヴァレル』視聴・・・いえっふー。

カイが瑞榎さんの件で苦しんでいる描写があって良かった、なんて言うと誤解を招きそうですが。あれだけの事があって平然としていられる人間なんていないよね、ロボットじゃないんだから。
なんて言うと、アキちゃんに「ロボットにも心はあるよ!」と怒られそうだw
夢だけど恨みがましい表情の瑞榎さんは脳裏に焼きつきますね…



アキには黙ってミサ姉に会いに行くカイ。
瑞榎さんの事故を受けても尚沈黙を守っていたミサ姉は、カイの想像通り変わってしまっていた。
淡泊に冷たい応対をするミサ姉だったけど、
robono018-01a.jpg
ミサ姉が瑞榎さんの死をなんとも思っていない訳がない。
車のドアノブを強く握り、震える手が語っていました。
平然としていられる人間なんていないよね、ロボットじゃないんだから。

robono018-02.jpg

ミサ姉「あの子は平凡すぎる。私の意志を継いでロボットを作るなんて無理なの」

彼女の言葉だけを聞くと、どこまでも冷たい印象。
だけど、その冷たさの裏に隠されているものは妹・アキへの優しさなんじゃないかと思っています。

ミサ姉には何やら大きな目的があって、それを成そうと暗躍している様子。
それ(=ミサ姉の意志)がアキちゃんの夢を裏切る結果となってしまうのかもしれません。
なら今から突き放して、自分とは無関係の所でアキには生きていてほしい。そういう思いがあるのかなぁと。



ミサ姉のやっている事はかなりグレーで、危ない橋を渡って来ている。銃口向けられるくらいに。
実はミサ姉は「妹の純粋な夢を汚したくない」と、守ろうとしているのではないでしょうか。でもアキちゃんはもう昔みたいに子どもじゃない。現実は綺麗事ばかりじゃ済まないと知っている。
robono018-02a.jpg
ミサ姉がアキをちゃんと見て、全てを話してくれる日がやって来ると信じています。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。