上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
robono20-0.jpg
ロボティクス・ノーツ 第20話「今でもロボットが好きですか」感想

おお、一気にきたね!
robono20-01.jpg
あねもね号事件は君島コウによる3次元⇒2次元へダイブするための臨床実験で、詳細な経緯は分からないけどそれに気付いたミサ姉は君島の謀略を阻もうとして撲殺。。

しかし実験は成功しちゃっていて、君島はネット世界の住人に。
大切な人達を守るためミサ姉は君島の脅しに屈した、と。人様の体を乗っ取ることができる君島はそこいらの幽霊より性質悪い
ん、そういえば君島の死体はどうなったの?ミサ姉が警察に届け出なかったのは、自分が殺めてしまったことを隠したかったから?この辺りは説明不足感が否めないような。


robono20-01a.jpg
「今でもロボットが好きですか?」

銃口を向けられてるのに怯まず問うアキちゃん。
これってミサ姉が今でも好きかどうかを聞いているんだけど、その様子をポケコンで見ている昴達にも問いかけている形となっているのが良い。すごく良い。

robono20-02.jpg
アキちゃんの魂の叫びに呼応する様に、タネガシ基地へ集結するロボ部の皆。
頼もしい支援者たちも集まり、最終決戦に向けての準備に滾ってきますわ。
ガンつく1を改造してどう戦わせる気なのか。楽しみですね。

あと飛行機の胴体着陸時は「スバル避けてぇえええ!」と思わず叫んじゃった、というか笑った。だって皆してスバル置いて逃げるんだもんw


robono20-03.jpg
君島に操られていたミサ姉。
未曾有の大災害を人為的に引き起こそうとしていたミサ姉の真意が掴めなかったのは、意外とシンプルな理由でした。でも"操られていたから"で済んでしまうのは、カイやアキの苦悩が報われないのでは。

物語的にはどうやって『ミサ姉越え』を盛り上げるのかが見せ所なんじゃないかと思います。ついでに世界を救う感じ(身も蓋もない)


黒幕は君島だけど、ラスボスはミサ姉。ここだけは譲れない。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。