上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
haganai_next10-0.jpg
僕は友達が少ないNEXT 第10話「残念王と笑えない話」感想

だめっこどうぶつは『世界でいちばんボクが好き!』の隠語。
haganai_next10-01.jpg
夜空脚本が盗作だと知った星奈は呆れて最悪口も聞かなくなるかも…と危惧していたんだけど、星奈が大人でした。

夜空のために空気が重くならないよう(+日頃の仕返し)散々茶化した後、挽回のチャンスを与える。星奈の本心は最後の部分、真顔になって言った所。
星奈めっちゃいい子じゃん。
haganai_next10-01a.jpg
夜空は星奈の優しさに甘んじてはいけないですね。夜空の腐った性根がこのまま変わらなければ、いつか見向きもされなくなる。今の夜空は別にそれでもいいと思ってるだろうけど、ホモゲで流したあの涙が嘘ではないとしたら、いつか絶対に後悔する日がやってきます。


haganai_next10-01b.jpg
『はがないNEXT』は今回も理科さん回!!
ありがとう、本当にありがとう。
小鷹と会った日を覚えていて、その日付から経過日数を一瞬で逆算する頭の回転の速さを見せつけてくれるセクトΣ、もとい理科さん最高。

そして皆と一緒に楽しめるようにゲーム開発や発明に時間を割き、こっそり努力する。その努力を表に出さない、ひた向きな姿を想像すると泣けてきます。

haganai_next10-02.jpg
誰だーぁ?NEXTでの小鳩ちゃん出番終了ってゆった奴。はい、ごめんなさい。
小鳩に対して変態じみた、いやもう明らかに変態なクンカクンカスーハースーハー星奈さんはさておき、小鳩の学校での立ち位置が今回判明しました。
周りからは人気者な小鳩だけど、人見知りでそれを拒絶。

本当に人見知りなだけ?
理科が言っていたように、小鷹と同じで傷付くのが怖いから人を遠ざけているんでしょうね。ただ小鷹のそれとは性質が違って、小鳩の場合は人気者になることで悪口や陰口、妬み嫉みといった負の感情を向けられる辛さが理由なのではないかと予想。それか「ウチにはあんちゃん一人で充分」という兄Love精神。

haganai_next10-02b.jpg
小鳩が人気者だと知って元気のないマリア。
人見知りで中二病な小鳩は浮いている存在で、一人ぼっち。マリアはそう思い込んで、小鳩は同類だと親近感を抱いていた。

何だか楽しくない、と感じたショックを表に出すマリアが子どもで安心します。もちろん良い意味で。内に溜め込み、勝手に裏切られたと感じて余所余所しくなるマリアなんて見たくない。この後に態度を変えない小鳩とマリアの2人が見れて、ホント安心しました。




ああもう!今回は見所が多すぎてやばぃいいいい!と嬉しい悲鳴が胸の底から湧いてきてやばい。この1話にどれだけ詰め込むのか。
haganai_next10-02a.jpg

小鷹の聞こえないフリに、「気付いていないフリ」はもう出来ない理科。

理科は小鷹に事実を突き付ければ傷つけてしまうかもしれない、とずっと胸に秘めていたんでしょうね。だからこれは恋の告白以上に、こわい告白だったんじゃないかと。
それでも、小鷹が触れられたくないであろう領域に少し踏み込んででも、理科は小鷹と先に進みたい気持ちが大きくなった。


他人と関係を深めるのが怖い小鷹は、理科の気持ちに気付かないフリ。小鷹は夜空と一緒で10年前に縛られているんですね。そりゃそうか、夢で見ちゃうくらいだもんなぁ。
ピンクのブルマに、顔を真っ赤にしちゃう理科さん超絶可愛い!と直前まで浮かれていた気持ちは、冷たい秋風に吹かれて飛んでいってしまいました。

haganai_next10-03.jpg
ここのロングショットがね、切ないよね。
2人の距離がいかに遠いか。そして、光(友達)に背を向けて自ら離れていく小鷹。


はあ・・・
と余韻に浸りながらED曲を聞いたあと、次回予告で大爆笑。『Be My Friend』に「なんだって?」を合いの手に入れるとか、天才か。
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。