chihayahuru2_14-0.jpg
ちはやふる2 第14話「ものやおもふと ひとのとふまで」感想
 
決勝戦って、この準決勝戦を超えることが出来るん?
chihayahuru2_14-01.jpg
新に「暇潰し」を提案する詩暢の目は殺る気満々でした。何を潰す気だよw
息継ぎなしの読み上げは、新と一戦交える前のウォーミングアップだったんでしょうね。
さて、ここのシーンは瑞沢vs明石第一女子のクライマックス前に一呼吸入れる合間劇・・・という意図で挟まれたものではないどすえ。


強すぎるが故に孤高の存在である詩暢。
詩暢がいる世界には詩暢以外誰もいないのだと思います。個人戦と団体戦の間で揺れる新は詩暢の世界に片足突っ込んでいるけれど、今日は団体戦の日だから新の本体はこっち側。

自分の世界に足を踏み入れている新を徹底的射程距離圏内で捉えようとギラつかせる詩暢の目には、新しか映っていない。新がその気にならないなら、今の詩暢は独りきりであるという事を強調している。これが後の「しのぶれど」に掛かってくる枕詞シーン(勝手に命名)となっているのだと思いました。


chihayahuru2_14-01a.jpg
緊迫の準決。
良いトコ無しの肉まんセンパイは残念な先敗だったけど、それをすかさずカバーするカナちゃんの1勝。カナちゃんは大きいね、声が。

chihayahuru2_14-02.jpg
千早と恵夢の戦いは得意札を取って・取られての、譲れない想いが交差する一戦。

得意札中の得意札を取るか取られるか。
取った方は精神的上位に立てる。試合の勝敗を左右するキー札(勝手に命名その2)は、1枚の重みが違うように思います。
少々の危険を冒してでも狙いに行くタイミング。勝負の分かれ目を感じ取れるのは、畳の上で向かい合っている者同士のみ。千早と恵夢の2人だけの世界がそこにある。

chihayahuru2_14-04.jpg
「しのぶ」に手を伸ばす千早と恵夢。
しのぎを削り合って磨き上げた2人の世界が、詩暢の世界に届きそうになる瞬間。
詩暢が"呼ばれた気がした"のは、孤高で孤独な彼女の世界に声が届く処まで千早と恵夢の2人が近づいているという事。

今日は団体戦の日やのに。
団体戦も個人戦も関係ない。かるたの世界は、目指すものに掛ける想いの強さ次第で繋がる世界だった。ちなみに新は明日本気出す。本気出して、より高みを目指すモノ同士で詩暢と共鳴してくれる筈。詩暢が独りじゃなくなる時はもう、すぐそこまで来ている。



chihayahuru2_14-03a.jpg
息をつく暇もなく、机君の運命戦です。
固唾を飲んで勝負の行く末を見守る菫と同じ様に自分も緊張して、敵陣抜いた瞬間は思わず「机SUGEEEE!!!!!」って声上げちゃったです。マジ机君の動きがすごいすごくて(テンション高)何回も見返しました。


chihayahuru2_14-03b.jpg
部活が終われば、自分のかるたも終わりだと思っていた恵夢。
クイーンを目指せていたのは仲間の応援があったからで、仲間がいなくなれば恵夢の夢も無くなって消えていくはずだった。

でも、この試合で最高の仲間達と最高の悔し涙を流せた。皆と共感したその想いが恵夢の糧となり、部活が終わっても夢は皆の夢として続いていく。これでゆーちゃんも他の部員も報われるし、どこか迷いがあってかるたを続けてきた恵夢も、自分の意志で目標が持てて報われるのだと思いました。

「悔しくなるくらい何かに打ち込めている」と感じられる瞬間を、自分も人生の中で沢山味わいたいです。もっと打ち込もうよ(自分に対し)
 


http://haruhiism.blogism.jp/archives/52332728.html

関連記事
web拍手
2013-04-13 20:00 | カテゴリ:ちはやふる2
コメント(0) | トラックバック(11)

管理者のみに表示する

トラックバックURL