上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
chihayahuru2_15-0.jpg
ちはやふる2 第15話「たごのうらに」 感想
 
ちはやDUNK。
chihayahuru2_15-01b.jpg

明石第一女子戦で白星をあげ、瑞沢の勝利に貢献した奏ちゃん。

しかし奏ちゃんはその試合で負傷。

腫れあがった痛々しい指・・・この指ではもう、決勝戦への出場は―
































chihayahuru2_15-01a.jpg
「いいからテーピングだ!!」

決勝の読手がキョコタンこと山城今日子さんだと知り、"テーピングをしてでも出場する"とゴリ押しで言って聞かない奏ちゃん(?)。
チームの皆は奏ちゃん?の熱い強調線に触れ、より一層の協調性が生まれうんたらかんたら

chihayahuru2_15-01.jpg
前回の引きで"らしくない"強がりを見せ、相当辛そうだったカナちゃん。
自分も筑波くんと同じで体力面の問題だと思っていたけれど、怪我をしていたのね。カナちゃんの吐いた嘘と自分の嘘は全然違う・・・

決勝には出られないのにチームを後押し出来るカナちゃんは大きいね、存在が。
今年の瑞沢は準決での5人で決勝も戦って優勝して欲しかったので、前回ラストのカナちゃんには何でだよぉおおお!といった状態の自分でした。やむにやまれぬ事情があるなら話は別。カナちゃん、お疲れ様でした。


chihayahuru2_15-01c.jpg
富士崎高校の敏腕顧問・桜沢翠は、来年どころか再来年も見据えているのか!
決勝では毎回3年生を下げて下級生をオーダーに組み込むという、血も涙もない鬼顧問。でも「毎年の事だから仕方ない」と少し諦めがつくね。

外されたマナカナの片割れは見た感じダメージ軽そうだったし、試合に出る方は気が引き締まっていた。外すメンバーの影響度も考えられているので、良い采配だと思います。好みのやり方じゃないけど。

これが最後の大会である3年生は、実力以上の力を発揮できるってもんです。そうなるんがインハイちゃうん?

chihayahuru2_15-02.jpg
ヒョロ君から千早と太一の名前を聞き、思わず部屋を飛び出しそうになる新だったけど、これは罰だと自分を戒めて踏みとどまります。


団体戦は遊びのかるた
そう信じて疑わなかった詩暢。でも今の詩暢は「団体戦の一体何が新をそうまでさせるのか」と、興味が湧いてきている。
それは襖で隔てられた団体戦と個人戦の間で葛藤する新の姿を目の前で見たから。
新が襖に手を掛けるまでに至らせたヒョロっと訪問、自分はファインプレーだと思いますよ。


chihayahuru2_15-02a.jpg
そして詩暢は襖の向こう側=団体戦へ足を運ばせる。

ただ、団体戦への純粋な興味じゃないのが少し寂しいと感じます。「新、なんでや」と。同じ側だと思っていた新もまた、自分とは違う人間なのか。そんな失意の中にいる詩暢は、恨めしい気持ちで団体戦へ向かったんじゃないかなと。そこに"遊びのかるた"があることを願って。同時に、新のいう団体戦に何かを感じて。




只者ではない雰囲気漂う富士崎の面々(特にオカ持ちのオーラを放つ理音)との決勝戦はどんな名勝負が繰り広げられるのか。
また、この試合を見届けることで詩暢にどんな変化が現れるのか。

見所の多い試合となりそうで、とても楽しみです。
 


http://haruhiism.blogism.jp/archives/52334356.html
関連記事
web拍手
2013-04-20 19:11 | カテゴリ:ちはやふる2
コメント(0) | トラックバック(11)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。