上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
LB_Refrain05-0.jpg
リトルバスターズ!~Refrain~ 第5話「最後の課題」感想

なんでも知ってる恭介。
なんでもは知らない、知ってることだけの理樹。
 
既に6話が放送されてしまった後なのですが、ゆっくりよろしくお願いします。
LB_Refrain05-1.jpg
鈴がかわいすぎるんじゃ、ぼけーっ!
今回は鈴が可愛すぎたので、ストーリーの本筋から逸れた"鈴ちゃんを愛でて・愛で深めるだけの感想"を書きたくなっちゃったのだけど、そうもいかない展開となってしまいました。

茶化して話を逸らさないとやっていけないくらい、暗いシリアスムードが漂っている本編ですが、しっかり前を見ないとね。
ぜったいに目を逸らすな(∵)


LB_Refrain05-2.jpg

鈴「みんながいるからだ!」

どうしてそんなに良い表情をしているのかと、お偉い人に尋ねられた鈴。力いっぱい自信たっぷりに答える鈴の表情が、それはそれは大層イイお顔してました。
でも良いなぁと思うのと同時に、切なくもなっちゃうんよね。じゃあ、皆がいない所へ行っちゃったら、皆がいなくなっちゃったら鈴はどうなるんだよ、って。


LB_Refrain05-3.jpg
鈴に転校して欲しくないと思うのは、ただの我儘なのか。
将来の可能性を潰してはいけない、それは鈴の為にならないと考える理樹。
鈴を行かせるか、行かせないか。結局のところ、理樹が決めているんですよね。


LB_Refrain05-4.jpg
理樹は、恭介が鈴を1人立ちさせるために"成長プログラム"のようなミッションを企てていたと推測しました。

以前『恋わずらいをいやせ』というミッションがありましたが、例の手紙は鈴が読めるように平仮名で書いてあったんですよね。『恋煩いを癒せ』って書いちゃうと、多分鈴は読めないから。ただ単に、恭介が漢字で書くのが面倒だったのかもだけどw


で、成長したのは鈴だけなの?
いやいやいや、ミッション遂行をサポートしてきた理樹もまた、成長してきたよね。
LB_Refrain05-5.jpg
今回の併設校への転校という超難関ミッションも、転校自体は鈴の成長に繋がるかもしれないけれど、悩んで悩み抜いて"恋人との別れ"を決心したのは理樹自身。そして、恋人との別れという辛い経験をするのは鈴も同じ。そう捉えると、ミッションに込められた本当の意味が見えてきそうです。





で、世界の秘密って?
恭介は何が言いたいのさ。
理樹に何を求めているっていうの。

恭介と理樹。
繋がれていた2人の手は離れ、理樹の周りは暗く落ちる。世界が、視界が狭まっていく。
暗い世界に阻まれ、彼の目はまた見えなくなってしまうのでした。

LB_Refrain05-6.jpg

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。