上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
LB_Refrain06-0.jpg
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」感想

もうがんばれない
 
LB_Refrain06-1.jpg
恭介「謙吾・・・クイズをしよう。ごはんを盛る食器は?」

LB_Refrain06-2.jpg
謙吾「茶碗だ。」

LB_Refrain06-3.jpg
恭介「正解。第2問、ポッキリ折れちゃった謙吾の腕はどちらの腕?」

LB_Refrain06-4.jpg
謙吾「左腕(さわん)だ。」


恭介「・・・では、この4コマもどきの寸劇に名前を付けるとしたら?」
謙吾「『茶番』だ、恭介・・・」





LB_Refrain06-5b.jpg
鈴を併設校へ送り出す皆。
ここの恭介、あからさまに表情を映してないよなぁ。鈴に「なんて顔してんだよ」と声を掛ける恭介だけど、恭介こそどんな顔してんのさ・・・って思う。

車に乗り込んだ鈴が何かに気付いて少し驚いた様子だったけれど、恭介の表情を見たからなのか、それとも他の何かに対し反応を示したのかは不明。


LB_Refrain06-7.jpg
りき、もうがんばれない(TT)

転校先で全く馴染めない鈴。「はなせるひとがいない」「いつもひとりだ」などのメール本文、鈴の声あては不要かなと思っていたところに無言で「(TT)」
ぐは・・・この泣き顔文字と膝を抱えてうずくまる鈴には泣かされましたわ。


LB_Refrain06-8.jpg
「土日だけは鈴が帰って来られるようにする。それじゃだめか?」
まるで恭介が決定権を握っているような言い方。そして、いつも不敵な恭介らしからぬ弱気な発言。この時の恭介の瞳は揺らいでおり、自らの決心まで揺らいでいるように見えました。


LB_Refrain06-9.jpg
スイング中に古式みゆきの姿が目に入った謙吾。
謙吾が振ったバットは空を切り、謙吾と理樹は恭介の前に敗北を喫してしまいます。

謙吾が恭介に激昂した理由については色々と言えない事情があるのですが。。謙吾を信じ、プレッシャーに打ち勝って投げきった理樹と、理樹の信頼に応える絶対の自信があった謙吾の事を想うと・・・リトルバスターズは友情の証なのに、それが踏み躙られた形となってしまったように思えて悲しいです。


LB_Refrain06-10.jpg
コールドゲーム。
野球だけでなくスポーツにおいて、試合の中止を宣言するのは「審判」です。
これまでの話でお察しの通り、恭介は普通のプレイヤーではなく、むしろ審判の立ち位置に近い場所にいるという事がこの台詞からも感じ取れるんじゃないかと思います。これまで反則してきた恭介だけど、反則とられてないもんね。今の所。


LB_Refrain06-11.jpg
駆け足でお送りする理樹と鈴の逃避行。2人暮らしをもっとじっくり見たかったという思いもありますが、2人で暮らすことの出来た時間はそれだけ短い泡沫の夢だったということ。

3匹の蛍(恭介・謙吾・真人)と消えゆく花火、友情の明かり。なんとも切ない・・・
LB_Refrain06-12.jpg


弱いままでは鈴は守れないと悟る理樹。
鈴の併設校への転校も、この逃避行も。全てが報われ、決して無駄じゃなかったと言える日は来るのでしょうか。

 

関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。