上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
tesagure0.jpg
てさぐれ!部活もの(1期) 第12話「心の美」感想 
 
あなたは4月からの12ヶ月をどう過ごしますか?
tesagure01.jpg
tesagure02.jpg
てさぐり部は新しい部活動を考えるのが活動目的であって、その手段として部員たちとあれこれ新しい部活について話す必要があります。

1つの共通の事柄に対して自分の考えを表に出し、笑い合えるのは楽しいですよね。
それが楽しすぎるから、いつの間にか手段であるはずのミーティング自体が目的となってしまう。手段の目的化ってやつですね。

tesagure03.jpg
目的と手段が入れ替わっちゃってると、本来の活動目的を達成できない可能性があるのだけど、このてさぐり部は違いました。

"手探り続けること"
それがてさぐり部の真の活動目的だと心春に優しく諭す最終話は、結愛と陽菜の卒業という節目のタイミングで涙腺刺激バイアスも掛かっていて胸を突かれました。

tesagure04.jpg
tesagure05.jpg
ED『12ヶ月』の歌詞でもあるように、特別な事なんてないけれど皆と過ごせた事に意味がある部活動。何もてさぐり部の事だけじゃなく他の部活動にも言えることで、人との交流は楽しかったり悲しかったりするものです。その全てに意味があるのだと、この『てさぐれ!部活もの』で改めて考えさせられました。

交流するのが目的になっちゃって、停滞することもあるかもしれません。でも個人的には楽しくやって、それで目的を達成できたら尚良しってスタイルが好きです。やらなきゃいけない所はきちっと抑えていけば、そんな悪い事態にはならないはず。

tesagure06.jpg
tesagure07.jpg
tesagure08.jpg
最後の部活動で部長・副部長の引継ぎも終わり、しんみりしたお別れムードの中、結愛の「新しい部活考えてみよっか」でいつものてさぐり部に引き戻される。

この強引さといつもの楽しいお喋りでひとしきり笑わせられた後、再び泣けるエフェクトを挟んでくるとか…もう、超不意打ちで完全にやられました。


tesagure09.jpg
そして、カメラが下からグイっとパンしてタイトルロゴ(部活名)をどん!と出す葵のラスト。ここでOPとタイトルの回収は見事で、最高の最終回だったと言わざるを得ません。
自分は再放送で追いかけていたので、『あんこーる』の存在を知らなかったら本気で寂しくなっていたと思います。


ラジオの方は聞いていませんが、盛り上がるだけでなく新しいメディアミックスを模索しているようだし、新しい!と思わせるアニメ作品でした。
これからも色んなアニメ作品が出てきて、その度に色々と思うことや考えることが沢山あると思う。これまでのアニメ、そしてこれからのアニメ。その出会いと別れに、ありがとうを。

tesagure10.jpg


 
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。