上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
nanana05-0.jpg
龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 第5話「ミッション・インポッシブル」感想
 
最近のマイブームはプリンの食べくらべ。
nanana05-1.jpg
nanana05-2.jpg
一心先輩の粋な計らいで温泉回クルー!
…と思いきや。安直なテコ入れ展開に即走らないのがこの作品の良い所っすよね。もちろん次回以降に温泉やってくれるんですよね?

七々々ちゃんは温泉に行けなくて可哀想なので、アパートで温泉ごっこしよう(名案)


で、一心先輩の言っていた臨時収入は例の取引で得た1億円でいいんだろうか。だとしたら臨時収入ってレベルじゃないし、金欠状態の重護が知ったら冒険部に再び亀裂がw

nanana05-3.jpg
名探偵は太らないので、天災の膨れたお腹は中に何かを隠しているんじゃなかろうか。嘘は吐かない天災なので言動や言葉の真意を考えないと裏をかかれてしまうw
まあそれも悪くはないのだけど、やられっ放しなのはシャクに障るw

nanana05-4.jpg
重護のキメ顔、結構好きなのよねー。
「オレ、ちょっとイケてんじゃん?」的なw あと少しエロい思考だとかも年相応な感じがして、これが重護の素顔だよねっていう。


nanana05-5.jpg
nanana05-6.jpg
勘当された重護が断ち切りたかったのは怪盗団祭の宿命であって、怪盗団の皆との縁を切りたかった訳じゃないのよね。
だから雪姫や椴松鷲といった祭関係者が近くにいても毛嫌いしないし、むしろ心強い身内だと思って接している。雪姫や椴松鷲とはそれだけの信頼関係を築けている自信が、重護にはあるんでしょうね

でも祭関係者である以上、雪姫たちとの親交を絶たないと完全には足を洗えたとは言えません。それに、今は良くしてくれている雪姫たちだけれど、もし父親と天秤をかけられた時に自分が選ばれなかったら重護は裏切られたと感じるはず。

nanana05-7.jpg
nanana05-8.jpg
重護が雪姫に本物の「キラキラ嘘発見器」を渡さなかったのは、父親に対する反抗心からかな。
雪姫には本物と言って偽物を渡しているので、重護は裏切ってるのだけど良心の呵責があったんだろうなぁ。それでも雪姫は自分を信じて庇ってくれたわけだから、そりゃ泣けるわなw

重護が自分の生まれた境遇とこれからの人生を鑑みて、どう決断して折り合いを付けていくのか。七々々コレクションを探しながらの"自分探しの冒険"はまだ始まったばかり、といった所でしょう。




nanana05-9.jpg
ほっちびかな?

nanana05-10.jpg
いいえ。天使な小生意気ロリーな吉野咲希、通称「ゆん」ちゃんです。
おー、まさか久野ちゃんのロリボイスが『七々々』で聞けるとはw 咲希が天災ちゃんと同じ瞳の色をしているのが気になりますけど、天災ちゃんほどの天才オーラは感じないから非血縁者であろう。


nanana05-11.jpg
nanana05-12.jpg
血色悪そうな眼帯おねーさんはともかくだね。ゆんちゃんに会いにバイトしてくれよ、重護。

 

関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。