gaworare10-0.jpg
彼女がフラグをおられたら 第10話「こいつを預かっておいてくれ。ミスコンの優勝者の名前が書かれているんだ」感想
 
なにがなんでも菜波さん
gaworare10-1.jpg
gaworare10-2.jpg
gaworare10-3.jpg
gaworare10-4.jpg

濡れシャツ越しの水着審査は、なんともヒドかったですねー。

たくさんかけてコールは夏のあらしを思い出しました←颯太は生死かかってます


gaworare10-5.jpg
世界のために死ねるか、とか。
辛い境遇を乗り越えて幸せを受け入れ始めた颯太でしたが、再びその胸中は穏やかじゃないものへ。

周りへ相談しようにも、どう話したらいいか分からない。
なによりも、巻き込んでしまえば大切な人に死亡フラグを立ててしまうかもしれないという恐怖。
事情が事情なだけに、心の整理がつかないまま悩みを打ち明けられない颯太なのでした。

gaworare10-6.jpg
gaworare10-7.jpg
gaworare10-8.jpg
そんな颯太を見兼ね、色々と気遣ってあげた菜波さんがめざましい活躍をしていました。
そうです、ついに菜波さんがメインヒロインとして優勝を果たす日がやってきたのです。
彼女の気遣いが優しすぎて泣けましたし、それはもう色んな意味で泣けました。

ムリヤリ事情を聞きだすのではなく、颯太から話すのを待ってあげる菜波さん。
夜に部屋を訪れて、颯太の方から話を切り出せるような空気にそれとなく持っていく優しさ。
話しづらい理由があるのは察している。それでも話して欲しいし、頼って欲しい。力になりたい。

中々事情を話してくれないもどかしさや寂しさを感じつつも、強引な手段をとらない菜波さんにとても好感が持てました。

gaworare10-9.jpg
gaworare10-10.jpg
胸の内を打ち明ける勇気。
抱え込んだ気持ちを相手に伝える大切さ。
人前で死ぬほど恥ずかしくても、それを教えてくれた菜波さんの告白は颯太の心に響いたのではないでしょうか。


結んでいた髪を解き、打ち明けることは何も怖くないという"告白"の手解きで颯太の心を解いていく。

菜波さんがメンバーの誰よりもお姉ちゃんしていて、その秘めたる包容力に圧倒されました。
お姫様でありながら騎士、強さと優しさを持ち合わせた菜波さんが大好きです。



gaworare10-11.jpg
まあ優勝は最初から決まっていたのですが、やっぱりこうして結果が出ると安心するっていうか?それみたことですか!それみたことですか!←うぜぇ


gaworare10-12.jpg
真打ちは後から登場するの法則で、次回からようやくクピドゥ始まるよピドゥ!

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL