上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
elfen_liedBD01.jpg
『エルフェンリート』視聴感想
 
極黒(グロ)のエルフェンリート。
elfen_liedBD04.jpg
『エルフェンリート』視聴終了したので感想かきます。
先週ニコニコ動画で一挙放送をしたと聞き、視聴タイミング的に今を逃せば次がいつになるか分からないので視聴に踏み切りました。ちなみに初視聴。


岡本倫作品は先日アニメが終了した『極黒のブリュンヒルデ』が初めて。最終回を見終わり色々と衝撃で何とも言えない気持ちになったのはさておき、ブリュンヒルデで自分の岡本グロ描写に対する耐性は大丈夫と判断。このエルフェンリートを夕飯食べながら視聴開始したのですが完全に失敗でした

さすがに食事しながらこのアニメは見れなかったよ・・・



elfen_liedBD02.jpg
やーこんなに冷や冷やするアニメは久々でしたねー
いつ首が落ちたり腕がもげたりするか分かったものじゃないので。や、ホント正視に耐えなかったです。

そんな直接的なグロ表現がキツいにはキツかったのだけど、ルーシーの境遇に救いがなくて個人的にはそちらの方がキツかったかな。
物語のラストはコウタがルーシーを殺してあげる終わり方になってしまうのかと、途中から不安でしょうがなかったです。

ラストは色々な解釈の出来る終わり方でしたし、思っていたよりは救いのあるエンディングになったと思いました。ルーシーはコウタに自分から謝罪でき、コウタもそれを受け入れて人間らしいやり取りを交わせたし、ナナは希望の象徴として生き残っている。
elfen_liedBD06.jpg
elfen_liedBD03.jpg
そうそう、希望といえばED。
すげー抽象的で申し訳ないんだけどEDのメロディから未来だとか希望が感じられて、派手に血らかした回でも視聴後感はそれほど悪くなかったのですよね。それが本編の救いのなさを際立たせるのに一役も二役も買っていたのかもしれない。
ちゅーわけで、お気に入りになったED曲『be your girl』は即行DL購入したっす。


elfen_liedBD05.jpg
「elfen lied」はドイツ語で妖精の歌という意味らしいですが、"lied"は英語だと「嘘を言う」の過去形なので、幼少期のコウタがルーシーに吐いた嘘のことを指すいわゆるダブルミーニングというやつだと思ったんだけど。そこら辺どうなのか、エルフェンリートに関する考察を探してみるのも面白そうです。


以上、エルフェンリート視聴感想でした。
忘れられないトラウマ作品を求める方にオススメです!
  web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。