上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
jinsei_anime03-0.jpg
人生相談テレビアニメーション「人生」 第3話「資本」感想

自転車操業な人生も案外悪くない。
jinsei_anime03-1.jpg
jinsei_anime03-2a.jpg
jinsei_anime03-2.jpg
自転車に乗れるようになりたいという願望がそこまである訳でもなく、現状で事足りているのであれば乗る必要性も感じない。
練習にあてる時間と労力がムダ。
短い人生の中でやれることは限られているのだから、数ある選択肢の中で極力ムダを省き、賢く生きて行きたい。そう自分に言い聞かせるけれど、乗れるに越したことはないので微妙なコンプレックスを抱いて生きてしまう。


「何事も経験してみないと」とは良く言うけれど、人生長いこと生きていると他人の経験談や自分のこれまでの類似体験から「大体そういうもの」だと予想がついてしまう為、それほど意欲的にはなれなかったりします。

でも経験しないまま頭で全てを結論付けるのは早計であって、理解した気になっているだけだということも、自分達はこれまでの人生経験で知っている筈です。

jinsei_anime03-4.jpg
jinsei_anime03-5.jpg
サドルに跨り、いつもとは違う目線で世界を見渡す新鮮さ。
自分の力で風を切って進む感覚に、歩くスピードよりも速く流れていく周りの風景。
乗ってみなければ見えてこない景色が、そこにはあるんですよね。


jinsei_anime03-6.jpg
jinsei_anime03-7a.jpg
jinsei_anime03-7.jpg
応援してくれる仲間の存在は不確定要素で予測できないもの。
潮の満ち欠け、天気、その時の気分で回答が変化するのが人間なんだよなぁと。

机上の空論では自転車(=人生)は漕げない。
梨乃は今回の相談を通して、それを理解することが出来たのではないでしょうか。



jinsei_anime03-8.jpg
jinsei_anime03-9.jpg
合宿の必要性は感じないとは言ったけれど、反対はしていない。
自転車練習での経験や皆でするバイト、仲間と協力することで共有できる感覚。それらが人生つまらなそうだった梨乃に変化をもたらしていると思うと、なんだか嬉しくなってきますね。

jinsei_anime03-10.jpg
jinsei_anime03-11.jpg
理屈で固めて上手く動けない理系。
引っ込み思案で物事をはっきり言えない文系。
およそ悩みという悩みが無さそうなのが悩みの種の体育会系。
そして、決定打に欠ける押しの弱い一般人代表の男主人公。

それぞれちょっとした問題を抱えた人間を集めた部長に、何らかの意図があるのか分かりませんが。これは中々に見所があるんじゃないでしょうか。
他人から寄せられた相談に対して面白おかしくコメディするだけじゃなく、己を顧みる良い機会として自分の糧とする。

アニメを見て笑ってる自分達も他人事じゃないような?という話でもある気がしてくるので、『人生』は侮れません。
jinsei_anime03-12.jpg


http://kagano443.blog.fc2.com/blog-entry-675.html
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。