上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
jinsei_anime05-0.jpg
人生相談テレビアニメーション「人生」 第5話「短尺」感想

君は何色?
jinsei_anime05-1.jpg
jinsei_anime05-2.jpg
jinsei_anime05-3.jpg
jinsei_anime05-4.jpg

人生を輝かせるのは「人」です(他人とは言っていない)

人間誰しも自動的には輝けないよね、恒星じゃないんだから。
輝かせてくれる他人の存在や、本人が輝くための努力が必要です。
親の七光りのように悪目立ちする輝き方もありますが、それも他人の力。誰かの光を貰って輝いている。

jinsei_anime05-5.jpg
自分で主体的に輝くには日の目を浴びなければ、光(スポットライト)を浴びに行かなければ輝くことが出来ない。それは時に弛まぬ努力を要します。
人生という劇の主役は自分ですが、スポットライトを当ててくれる人、そして劇を見てくれる観客(他人)が不在だとお話になりません。

果たして、物語になっていない劇「人生」と呼べるでしょうか?

jinsei_anime05-6.jpg
一緒に演じてくれる友達がいたなら、それだけ物語は広がり、深みを増すことでしょう。
喜劇でも悲劇でもいいのです。
観測してくれる他人がいない自分独りだけの人生なんて、そんなの無意味すぎる。
生きた証がどこにも残らないなんて、そんなの悲しすぎる。

人が生を刻んでいくのが人生。
人生をつくっているのは、輝かせているのは紛れもなく「人」なのだと思いました。


jinsei_anime05-7.jpg
jinsei_anime05-8.jpg
jinsei_anime05-9.jpg
人生送りバントで、2番セカンドくらいが性に合っている自分が言うのもなんだけど。脇役が気楽で良いしね。でも、安心で楽なポジションに甘んじていると、何時スタメンから外されてしまうか分からないご時世だし多少はね?

それにやっぱり少しくらい頑張った方が、人生メリハリついて楽しいと思うわけですよ。
滅入っちゃわない程度には頑張りましょうよ。


jinsei_anime05-10.jpg
jinsei_anime05-11.jpg

人生、何色に輝かせるかはキミ次第。

人生キミ色。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。