上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
illya_zwei06-0.jpg
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第6話「嘘と強がりの向こう側」感想

とりあえず大浴場にお連れする凛さんマジわかってると思う。
illya_zwei06-1.jpg
illya_zwei06-1a.jpg
illya_zwei06-2.jpg
illya_zwei06-3.jpg
バトルシーンが迫力あって、かっちょ良かったです。ぐるんぐるんと目まぐるしく動くカメラを目で追うのが楽しくて「うおっーすげーすげー!」と、童心に返ってハシャいで見ていました。

イリヤの言った「日常」がクロの逆鱗に触れた理由は、前回感想で触れた内容に加えてクロが生まれた境遇にもワケがあったのですね。
封印され、存在自体なかった事にされたクロ。アイリ達にどんな事情があったのかは分かりませんが、クロからしてみればこれほど無念なことはありません。
日々をのうのうと生きているイリヤを見て、クロが納得いくはずもない。

illya_zwei06-4.jpg
illya_zwei06-5.jpg
illya_zwei06-6.jpg
illya_zwei06-7.jpg
"アインツベルンも聖杯戦争も無くなった"とアイリから聞かされたクロが消えそうになったのは、もはやどこにも自分の居場所はないと絶望したからですよね。魔力が尽きたから消えるのではなくて。
だからイリヤの魔力を補給しただけでは現界に繋ぎとめることはムリだったのだと思います。


illya_zwei06-8.jpg
illya_zwei06-9.jpg
illya_zwei06-10.jpg
でも目の前には心配して泣いてくれる友達や家族がいて、手を伸ばせば届きそうな幸せがある。願っていたはずのそれを、どうして掴まないのか。
片方が手を伸ばしていても、もう片方がその手を取らないと繋げられないんですよね。

願いを叶えるのが聖杯。
自分の願いを叶えていく事こそ、人として「生きていく」ことだと思いました。


illya_zwei06-11.jpg

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。