上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
hanayamata06-0.jpg
ハナヤマタ 第6話「トライ・トライ・トライ」感想

花*花しい
hanayamata06-1.jpg
hanayamata06-2.jpg
hanayamata06-3.jpg
hanayamata06-4.jpg
恋しちゃってるようなナルの様子を見て、不安がるナルの父親。
大切に育ててきた可愛い花に悪い虫がついてしまったのかと思うと、気が気じゃありませんよね。
将来的には娘に幸せを掴んで欲しいだろうけど、ナルはまだ中2。パーッと晴れやかに祝えるはずもないです。

それでも父親にとって娘が楽しそうにしている姿を見るのは、それだけで幸せな事なんである。
突如として変わってしまった娘を前に「嬉しさ半分、寂しさ半分」といった父親の心情が上手く表現されていたように思いました。

hanayamata06-5.jpg
hanayamata06-6.jpg
よさこいの事が頭から離れないナル。
新しい出会いにときめいて、四六時中その事を考えてしまう点では恋と同じですね。
なので、娘の異変を察知した父親センサーはあながち誤検知ではないかとw


hanayamata06-7.jpg
自分達のコンセプトを考えるよさこい部ですが、自分達という"内側"だけで考えるのは中々難しい。父親から見た最近のナルが「華々しい」印象であったように、外側(父親)からヒントを得るのは有効な手段であるし、内と外の両側から今のよさこい部を表すことで的を射たコンセプトイメージになるのだと思う。

hanayamata06-8.jpg
格好良くて、元気で、華やかに咲く憧れの花。
「花」はナルが外側から皆に抱いているイメージでもあって、もうこれしかない!と思わせるぴったんこカンカンなコンセプトです。

そして今はナルがその花達の輪に入り、咲こうとしているというね。
色付いたばかりの桜が見事に咲き誇る日がやってくるのは、そう遠くないなと。
hanayamata06-9.jpg





hanayamata06-10.jpg
hanayamata06-11.jpg
hanayamata06-12.jpg
今回のお話はテストで1人零れ落ちてしまった(落ち零れではない)ハナの頑張りが光っていた回。
そして、そのハナの情熱と教室で踊るよさこい部に触発され、一念発起したサリー先生が今回の見所のひとつであったように思いました。

hanayamata06-13a.jpg
hanayamata06-13.jpg
産休代理で正式な教師でないサリー先生。
非常勤講師という今の立場は中途半端で、どこか燻っているように見えます。そこからの脱却で「私もひと花咲かせちゃる」といった気概が感じられたのが良かったです。

観る者を惹きつける力、その人の世界をほのかに色付ける(勇気付ける)よさこいの踊り。
サリーちゃん1人だけだったとしても、ハナ達よさこい部の目的がひとつ達成できてると思うと、それだけで目頭が熱くなります。


あと今回はヤヤ回の前哨戦でもあったので、次がヤヤ回の本番になりますね。出来ればバンドの方も辞めてほしくないなぁと個人的には思っとります。


http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-1087.html
 
関連記事
web拍手
2014-08-18 20:05 | カテゴリ:ハナヤマタ
コメント(0) | トラックバック(8)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。