上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
hanayamata08-0.jpg
ハナヤマタ 第8話「ミッション・イベント」感想

おしゃもじを鳴子に持ち替えて、どうぞ。
hanayamata08-1.jpg
hanayamata08-2.jpg
hanayamata08-3.jpg
よさこいの披露が屋上ということで、青空の下で晴れやかに晴れ舞台ですね。

しかし、パーッと手放しには本番を楽しめない緊張やら過去の挫折、姉妹間の確執やらが織り込まれていて、噛み合わない感じがそのままよさこい部の踊りに表れていた印象。


hanayamata08-4.jpg
hanayamata08-5.jpg
hanayamata08-6.jpg
立ちまくっていたナル失敗フラグから、ヤヤに背中を押されての成功フラグに変わった、かと思えばやっぱり失敗してしまって。

ハナの方も顔が紅潮して、なんだか様子がおかしい。
そしてマチはサリー先生が楽しむ姿が目に入り、素直な気持ちでよさこい部の頑張りを見れなかったりで、どこか落ち着かないお話だったと思います。
hanayamata08-7.jpg
hanayamata08-8.jpg
hanayamata08-9.jpg
CDを忘れてマチが届けに来る展開は予想外の絡ませ方で上手いなー、と。
で、そこからよさこい部の踊りを見て素直に感動する、という安直な流れに持っていかなかった点もgood。

サリー先生との溝が強調される作りになっていて、胸が痛むけれどストーリー的には気分が盛り上がっちゃう、そんな乙女心さ(乙女ではない)



hanayamata08-10.jpg
鳴子を落として座り込んでしまったナル。
ハナはフォロー出来る状態ではないし、ヤヤとタミが頑張ってどうにか出来る雰囲気でもない。と来れば、この状況に対してサリー先生やマチが何を想い、どう行動に出るか。そこら辺りに注目といったところでしょうか。

相変わらず目が離せない『ハナヤマタ』、次回も楽しみです。



hanayamata08-11.jpg
今回を彩る当番花は、ヒマワr・・・ひゃんっ?!向日葵じゃない、だと!?

ま、まて、まだあわわあわてるな。まだわらうな(動揺)
今は伏線という名の種を蒔いてるため、ちょっと仕込みに時間が掛かってるだけっすよ。これから絶対咲かせるから今に見ておれぐぬぬ。


hanayamata08-12a.jpg
ステージで光を浴びるよさこい部&明るい表情のサリー先生、それを物陰から眺めるマチ。
明/暗を付ける常套的演出。

日陰にいては向日葵は顔を上げられないし、輝けません。


hanayamata08-13.jpg
で、今回出てきた花は「ツユクサ(露草)」でしょうか。
前回で梅雨明けしたのですが、降った雨露がまだ残ってるんですね、梅雨だけに。

ツユクサの花言葉は「尊敬」「懐かしい関係」「豊潤」など。
昔の常盤姉妹が描かれていたけど、それが懐かしい関係にあたるかな。
ツユクサは別名「青花」と呼ばれることもあって、画面全体が青で彩られた過去回想にも得心が行きます。



hanayamata08-hojyun.jpg

うむ、実に豊潤で瑞々しい花々であった。


 
関連記事
web拍手
2014-08-30 13:40 | カテゴリ:ハナヤマタ
コメント(0) | トラックバック(5)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。