nozaki_kun09-0.jpg
月刊少女野崎くん 第9話「ドキドキ、たりてる?」感想

時々足りてる。
nozaki_kun09-2.jpg
nozaki_kun09-2a.jpg
nozaki_kun09-3.jpg
2人の身長差だと、千代ちゃんは傘の恩恵を受けていない気がする。
横雨でびしょ濡れだわ。

相合傘にときめく千代ちゃんには申し訳ないが、傘が1本しかない今は――

nozaki_kun09-4.jpg

「ジャミラ野崎君+傘差し」が正解かと。

これなら横に広がらないから、2人とも濡れずに済むね!野崎くん!



nozaki_kun09-5.jpg
nozaki_kun09-5a.jpg
nozaki_kun09-6a.jpg
こちらとしては「千代ちゃん、野崎君に全然振り向いて貰えず不憫でかわいそう」って思うんだけど、当の本人は幸せそうなんでまぁ良しとすることにした。
これで千代ちゃんが辛い表情なんか見せたら、わたしゃー相当凹みますよ。


さて、梅雨時期にお馴染みの紫陽花ですが、色によって違う花言葉があったりします。
nozaki_kun09-9.jpg
青の紫陽花は「辛抱強い愛情」
ピンクの紫陽花は「元気な女性」
白の紫陽花は「寛容」

・・・おおう、千代ちゃんのイメージフラワーがここに決まった気がする。

nozaki_kun09-10.jpg
まあ紫陽花には他にも、花の色が変わることから「移り気」なんて意味もあったりするんで、結局良いとこ取りの解釈してます。
花は添えるもの、その人に合うよう意味を添えましょう。


nozaki_kun09-11.jpg
nozaki_kun09-12.jpg
nozaki_kun09-11a.jpg
nozaki_kun09-13.jpg
タヌキよもやま話。
都ゆかり先生のサインに喜ぶ千代ちゃんを前に、悔しそうな野崎君が見れたので良しとすることにした。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL