illya_zwei10-0.jpg
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! 第10話(最終回)「その手が守ったものは」感想

最近の自分はこんな感じ↑
illya_zwei10-1.jpg
illya_zwei10-2.jpg
illya_zwei10-3.jpg
illya_zwei10-4.jpg
続編決定でワッショイと祝うべき所ですが、1期・2期ともに全10話なので続編あわせても2クールとかOVA・未放送分くっつけたくらいのボリュームですよね、っていう。

1期の方がキャラの内面に迫っていたし、やっぱり2期は物足りなさを感じます。1期放送時の「プリヤは2期からが本番だ」みたいな前評判がハードルを上げていたことも確か。
あと私事で大変恐縮なのですが時間に追われてしまっていて、疲れた頭であれこれ考える気力が湧きません。ごめんなす。

illya_zwei10-5.jpg
illya_zwei10-6.jpg
illya_zwei10-7.jpg
illya_zwei10-7a.jpg
一旦引き下がったバゼットさんら魔術協会は、またいつ襲ってくるか分からない状況。
7枚あると言われていた苦労カードに8枚目の存在が仄めかされ、その8枚目に何故か怯える美遊。
そして奇跡のようなバランスで存在しているクロは、いつ消えてしまってもおかしくはない身・・・

お先の事を考えると、溜め息吐いちゃうほどに問題や課題は山積み。
まさに今の自分はこんな感じ←

illya_zwei10-8.jpg
illya_zwei10-9.jpg
それでもイリヤは皆との楽しい未来を思い描けて、それを待ち遠しいと心から思うことが出来るんですよね。
ここに救いがあるし、救われた気持ちになれたのは本当。このワンシーンがあるのとないのとでは、最終回の重みが全然違う。

illya_zwei10-10.jpg
illya_zwei10-11.jpg
「終わり良ければ~」と言いますが、最終回が作品の評価を決めるなんてことはないにしろ、その比重は大きいです。自分は。

全体的には今一つだったツヴァイだけれど、良い印象で最後を迎えられたのは良かったです。

illya_zwei10-12.jpg

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL