solanomethod03-0.jpg

天体のメソッド 第3話「記憶のありか」感想

みーつけた、みつかっちゃった。
solanomethod03-2.jpg

solanomethod03-3.jpg
solanomethod03-1.jpg
7年前の記憶が無くなっていたり、封じられているわけじゃなくて、ただ昔の事を忘れていただけなのね。
記憶が無いのは円盤が現れたせいだと思っていました。
自分が勘違いしてしまったのは円盤のせい←全てを円盤と結び付けてしまうのは柚希のせい


solanomethod03-4.jpg
お別れの前に皆で一緒に何かをしたくて、円盤さんの呼び出しを提案した乃々香。
円盤の話を持ちかけた本人が黙って逃げたと思っている昔の友達。
「冬になると会えなくなる」の意味の取り違え…

このすれ違いが悲しい。
そして今更乃々香が当時の事情を話し、謝罪したところで解決する問題じゃないのが辛いです。

solanomethod03-5.jpg
solanomethod03-6.jpg
solanomethod03-7.jpg
理由はどうであれ、皆からすれば乃々香が7年のあいだ素知らぬ顔で生きてきたのは事実。忘れていること自体、乃々香にとってはそれだけのことなの?と怒りを買います(特に汐音)。

円盤を見上げては、苦い想いを蒸し返し続けてきた汐音。
長い年月かけて降り積もった恨みつらみという雪は、そう簡単には溶けやしないのです。


誰もそうしたくてした訳じゃないのに悪い状況となっているのを見るのは、とてもやるせない。

solanomethod03-8.jpg
昔の事を思い出した乃々香。
スタンプを集めていった先で昔の友達が集ったその場所はゴールではなく、ここからやり直す再スタート地点なのだと思いました。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL