gurizaia06-00.jpg
グリザイアの果実 第6話「レーゾン・デートル」感想

銀の弾丸で狙う場所・・・ん?
gurizaia06-1.jpg
gurizaia06-2.jpg
gurizaia06-3.jpg
gurizaia06-4.jpg

お、おう。

このヒジョーに乗り切れない感・・・

榊さん編が1話でサクッと終了したわけですが、美浜学園が作られたのはご令嬢さんのための更生施設とかいう予想だにしないオチ経緯が明らかに。
もっと立て込んだ事情だと思っていた・・・若干肩すかしを食らった私の顔も青りんごになりかけました。

gurizaia06-5.jpg
訳アリの少女達は榊さんために集められたんですね。
そしてその思惑通りに、榊さんはしっかり更生した。

でも人間はプログラムじゃないんだから、思い通りに人格を書き換えられるわけじゃない。あまり人間をなめるなよ!と。


gurizaia06-6.jpg
いつだって人は予想を越えてくるもので。

与えられた楽園を自分の物にしてしまいたいという人間的、普遍的欲求を実現させるために"一度死ぬ決意"をする程までに、今の居場所が彼女にとって失いたくないものへと変わった。
ネットの力 友人の力って素晴らしいです。


gurizaia06-7.jpg
gurizaia06-8.jpg
集められた少年少女達が榊さんを救うだけでなく、それぞれが抱えた悩みも解消していくところに救いがあると思う。

今回のが榊さん個別ルートなのかね?この話を6話に持ってきた意味を問いたい、というか作品全体としてはまだ序章だと思ってるんだけど、そこんとこどうなんでしょう。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL