上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
solanomethod13-0.jpg
天体のメソッド 第13話(最終話)「はじまりのそらから」感想
 
ヒマワリさん、マジ太陽。
solanomethod13-1.jpg
solanomethod13-2.jpg
solanomethod13-3.jpg
皆で一緒に円盤さんを呼び出して奇跡が起こる。
思いのほか直球で、もう少し変化球が来ると思っていたので驚きました。
でもノエルのにっこり笑顔を望んでいた視聴者にとっては、これ以上ない救われたエンディングだと思います。


solanomethod13-4.jpg
ヒマワリは元気いっぱいの笑顔を象徴していて、ノエルに相応しい花ですよね。

また、ヒマワリは「太陽の花」と呼ばれていることから色々と妄想が捗って、ノエルの存在は太陽そのものであったのではないかなーとか。


ノエル[Noel]はラテン語のnatalis=「誕生」が語源らしく、誕生の名を冠する彼女と太陽系の始まりである原始恒星・太陽が重なります。
第2話の感想でも書いたのだけど、乃々香達5人(太陽系の惑星)はノエル(太陽)を中心にして集まっているという事を暗に示しているのではないかなと思いました。

あと、原始女子は太陽だったらしい←2代目

solanomethod13-5b.jpg
太陽が無くなると引力が無くなるそうで、惑星は太陽系の外側へ飛び出してしまうらしいです。
これを本作に当て嵌めて考えると、ノエルがいなくなると皆バラバラになってしまうと勘ぐってみるのも面白い。


ノエルを中心に5人が集まる体系、これこそが「天体のメソッド」だったのではないか、と勝手に思っております。
solanomethod13-7.jpg
solanomethod13-8.jpg





solanomethod13-9a.jpg
あと最終回では汐音の麦わら帽子を円盤(UFO)に見立てているのが良かったです。
皆で円盤を呼ぶシーンに帽子が飛んで(ノエルを迎えに行った?)、ラストシーンでは向日葵畑に帽子=円盤が不時着した。

帽子からひょっこり顔を出すノエル「円盤から現れた」という演出意図だと受け取ったので、ああニクイなぁとw



ちょっと深読みというか妄想が激しすぎたかもしれませんが、「にっこり笑顔が見れて本当に良かった」の感想に尽きます。
1クールの間、ありがとうございました!


 
関連記事
web拍手
2015-01-02 21:20 | カテゴリ:天体のメソッド
コメント(2) | トラックバック(3)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。