上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
deremas01-0.jpg
アイドルマスター シンデレラガールズ 第1話「Who is in the pumpkin carriage?」感想

あーもう最高でした。
 
1話目からなんちゅーもんを見せてくれるんだ・・・
こんなん期待しないでいる方が難しい。
ちなみに自分のデレマスステータスは1年前の冬コミでPV見てから興味を持ち、キャラを少々知っている程度です。島村さんスキー。

deremas01-1.jpg
deremas01-2.jpg
初回から島村さんのスマイリングが炸裂して、それだけでそれはもう大層な多幸感に包まれてしまいます。

再選考、"補欠合格"って所が彼女に対する自分のイメージにぴったりで。
この控えめで普通っぽいのが良いのだよ。分かる?彼女の普通は特別なんだよ!

一番聞きたいであろう質問(何故自分が選ばれたのか)を最後に持ってきて、おずおずと聞くところとか可愛いよね。うずめうづきうずうず←\ファンタジスタッ

deremas01-3.jpg
で、しかめっ面したプロデューサーが、島村さんの選ばれた理由は「笑顔」って言うじゃありませんか。

 このプロデューサー、マジ分かってる!

と、思わず画面の中に手を突っ込んで握手しようかと思ったくらい、昂る気持ちが湧き上がったというか加速しました。
や、プロデューサーが全て決めたわけじゃないと思うのだけど、1話を見るに笑顔に対するPの拘りみたいなものが感じられたので。このPはやってくれる人だ。

また、笑顔のないプロデューサーが笑顔を見せた時はものすごく感動しそうだなーと思いました。そんな具合で、プロデューサーの「これから」にも期待出来る作りになっていた1話だったかと。


deremas01-4.jpg
deremas01-5.jpg
時計に貼ってあった「調整中」が取れる小芝居がニクかったです。

12時手前で止まった時計は、卯月のデビュー1歩手前という状況を指しています。
そこにPがやってきて、名刺を差し出した時に「調整中」の紙が取れる。が、取れただけであって、時計の針自体はまだ動き出さない。
針が動き出すのは3人揃ってからですもんね。



deremas01-6.jpg
deremas01-7.jpg
deremas01-8.jpg
deremas01-10.jpg
凛もすごく魅力的。
絵的な面もだけど、彼女がアイドルに興味を持つまでの過程がしっかり描かれていて。まるでドラマを見ているようでした。
警察の件、良かった。

1話で凛が魅力的に思えたのはプロデューサーの働き、不器用な2人の掛け合いが良かった所が少なからずあるので、デビュー前から凛をプロデュースしているPの手腕の凄さが分かりますね。


凛をスカウトするPの心情は直接描かれないのだけど、差し込まれる島村さんのレッスンシーン等で、無表情ながらも焦りというか「はやくデビューさせてあげたい」という気持ちが伝わってくる。

deremas01-11.jpg
deremas01-12.jpg
余すところなく何から何まで素晴らしい導入話で、ここから彼女達が花咲かせるシンデレラストーリーに思いを馳せるだけで泣けてくる1話でした。


http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1681.html
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。