上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
kancolle07-0.jpg
艦隊これくしょん -艦これ- 第7話「一航戦なんて、大ッッキライ!」感想

赤城さんの幸腹ぐらふぃてぃ。
kancolle07-1.jpg
kancolle07-2.jpg
kancolle07-3.jpg

第五遊撃部隊から緊急のイタ電です←打電


kancolle07-4.jpg

甲板が厚くて助かったっぽい。
これが瑞鶴の甲板胸だったら、一体どうなっていたか・・・


kancolle07-5.jpg
kancolle07-6.jpg
kancolle07-7.jpg

嬉しい時は嬉しいって言おうよ。


”友達って嬉しい”
赤城さんは裏表のない素敵な性格をしていて、こういう笑顔を向けてくれるとこ好き。お風呂よりも温まるんじゃよ。
2人が若い頃にも(着任仕立てという意)よくこうやって、一緒にお風呂へ浸かっていたのかなぁと想像を掻き立てられます。
赤い糸を2人で手繰るあやとり絵、はよ。


kancolle07-8.jpg
kancolle07-9.jpg
翔鶴さんは前回のカレーパンツが頭にチラついて、どうしても目を見張ってしまうもの(具体的には袴のスリット)があったのだけど、そんな悠長なことゆってる事態じゃなくなりました。


kancolle07-10.jpg
kancolle07-11.jpg
瑞鶴と翔鶴が一矢報いようと放った攻撃があえなく撃墜されるところは絶望感あって、視聴してるこちらの気持ちも乗っかりました。

それでも止まない雨は無くて、雨から吹雪へ変わったところは来ると分かっていても良かったです。
さすがは我らのブッキーデース!

kancolle07-12.jpg
最初気付かなかったんだけど、これ庇ってたのね。

深海棲艦さん方にも人情みたいなものとかがあったりするのだろうか。
あちらからすれば、吹雪さん達鎮守府は侵略者なんだなぁとか。

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。