HELLO_kiniro03-0.jpg
ハロー!!きんいろモザイク 第3話「あなたがとってもまぶしくて」感想
 
ポピーって教材、小学の頃やってた。嘘じゃないよ。
HELLO_kiniro03-1.jpg
HELLO_kiniro03-2.jpg
HELLO_kiniro03-3.jpg

本当の事を言うのは、時として嘘をつくより難しいです。

本当の事を言いたいのに言えない理由として2つ、恥ずかしくて言えないパターンと、言っちゃダメでオブラートに包まざるを得ないパターンがあります。

後者のような言いたい事も言えない世の中じゃポイズンなのですが、毒を吐いた後の処理というのも考え物...ってそんな話は捨て置き、今回のきんモザは前者のようなアヤヤパティーンのお話。


HELLO_kiniro03-4.jpg
HELLO_kiniro03-5.jpg
日本人である綾がストレートな表現法を会得するのは、少し難しいというもの。

曖昧な表現力部門では他国に追随を許さないであろう日本語。
この国で生まれ育ったからには、それなりに豊富で聞こえの良い言い訳の言葉が並べられるはずです。

あと読み方・捉え方次第ではどうとでも解釈できる日本語、ほんとスバらしいデス!はっきり書いてくれてたらこんなに苦労しないわよ(自問自答)

HELLO_kiniro03-6.jpg
HELLO_kiniro03-7.jpg
1つの事柄について言及する場合も、いろんな表し方がある。
言葉って本当に自由だ。ビバ表現の自由。

・・・まあその自由度の高さゆえに、言葉選びに悩んでは不自由さを感じてしまうわけなんですが。。


HELLO_kiniro03-8.jpg
少し話を変えて、アリスと陽子の2人の関係ってケッコー好きだったりします。
冗談を交わし合える仲というか、相手を子ども扱いしたり小ばかにできる良い感じに遠慮がない関係というか。
綾と陽子の上手くじゃれ合えない関係と、対比して描かれていたでしょうか。


HELLO_kiniro03-10.jpg
HELLO_kiniro03-9.jpg
HELLO_kiniro03-11.jpg
嘘つきブラザーズによる、人を繋ぐ嘘。
嘘は良いとは思いませんが、承知のうえで乗っかる嘘や冗談は楽しいから好きです。


それに、嘘をつかない人なんていません。
だって人は誰しも、自分に嘘をつき続けながら生きているのだから...←そんな暗い話じゃなかったよね!?

 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL