上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
nanoha-vivid03-0.jpg
魔法少女リリカルなのはViVid 第3話「本当の気持ち」感想
 
それは拳で語る物語、なの。
nanoha-vivid03-1a.jpg

このパンチは「この前はごめんなさい」の分!


nanoha-vivid03-1b.jpg

そしてこれが・・・
「これからどうぞよろしくお願いします」の分だ!


nanoha-vivid03-1c.jpg
nanoha-vivid03-1d.jpg

腰の入ったパンチすげー好き。





nanoha-vivid03-1.jpg
nanoha-vivid03-2.jpg
nanoha-vivid03-3.jpg
拳で語ると一概に言っても、拳は言葉じゃないので正確に伝えられる道理はありません。
しかしながら、言葉じゃないからこそ伝えられるものも中にはあります。

そんな想いを乗せたヴィヴィオの拳、しかと見届けたり。


nanoha-vivid03-4.jpg
アインハルトの目にはヴィヴィオが格闘技をスポーツとして楽しんでいるように映ったのでしょう。
ヴィヴィオには師匠がいて友達がいて、孤独の覇道を歩んできた自分とは戦う目的も何もかもが違うと。

自分の拳は届かないと嘆くアインハルトだけれど、ヴィヴィオの拳=現在を受け止められないのはアインハルトの方というのが辛いですね。
nanoha-vivid03-5.jpg
ヴィヴィオがアインハルトを受け止めてくれるかどうかは、ちゃんと拳に出さないと分かりません。でないと受け止められるものも受け止められませんし。

じゃん拳は2人以上いないと出来ないんですよ←そのネタ引っ張るんだ


nanoha-vivid03-7.jpg
nanoha-vivid03-8.jpg
nanoha-vivid03-9.jpg
日を改めての練習試合。
ヴィヴィオの想いがアインハルトに届いたのは、強くなろうとしている理由に「誰かを守りたい」という意思があったからだと思いました。

聖王女オリヴィエを守りたかった覇王イングヴァルト。そしてイングヴァルトの記憶と意思を継承するアインハルト。
ヴィヴィオとアインハルトの2人が拳を振るう理由、その根底にあるものは同じだったのだと。


nanoha-vivid03-10.jpg
nanoha-vivid03-11.jpg
過去を背負っているアインハルトが現在(ヴィヴィオ)も背負い、自分の意思で歩き出した。
その姿を見て、彼女の人生はvividに色づき始めたのだと感じました。


http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-1751.html
 
関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。