上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
YURIonICE12-0.jpg
ユーリ!!! on ICE 第12話「超超超がんばらんば!!!グランプリファイナルFS」感想

yurio nice!!!
YURIonICE12-1.jpg
勇利のフリースケーティングに心動かされた後の展開が、すべてを超超超・超越していったので打ち震えました。

ユリオが高みに到達できたのは、ヴィクトルと勇利の存在があったからだと改めて。最終話エピローグでの勇利の語りでもあったように、シニア1年目であるユリオにとってグランプリファイナルの頂点は『一人で抱えるには大きすぎる夢』で『辿り着けない場所』だったと思います。

YURIonICE12-2.jpg
最終競技前にヴィクトルがヤコフに話しかける場面。ここでヴィクトルがユリオに託した想いと、ユリオが優勝することでの想いの結実に涙するのです。

ヴィクトルは"勇利に金を獲らせたくない"がために、ユリオ達に話しかけたんだよね。
ヴィクトルは勇利に引退を決めてほしくないから。

FS歴代最高得点で金メダルを獲得してしまえば、勇利は思い残すことがなくなり引退してしまう事でしょう。
勇利の引退を阻止するには、有終の美を飾らせない必要がある。それが出来るのはファイナル未出場のヴィクトル・ニキフォロフではなく、ユーリ・プリセツキーただ一人。ヴィクトルは競技者ではない自分をさぞかし呪ったことと思う。

YURIonICE12-4.jpg
YURIonICE12-5.jpg
YURIonICE12-8.jpg
だから、ヴィクトルは縋る気持ちでユリオのところに来たのだと思ってる。
不作法だと重々承知の上で、競技直前の集中している大事な瞬間にユリオへ話しかけ、勇利の引退をほのめかした。
ヴィクトル復帰の話より、勇利の引退に食ってかかるユリオ。そしてヴィクトルに抱きしめられたときに彼の真意を悟ります。

託された想いに呼応するように滑るユリオの姿の、なんと気高く、美しいことか。ユリオもまた、唯一無二の好敵手である勇利を引き留めたい、その気持ちを前面に出して気迫でプレッシャーに打ち克てた。競技を終えたあとにユリオが流す、安堵とも取れる涙がすごく胸を打つんですよね。。
大舞台での経験が浅いユリオがプレッシャーに押し潰されなかったのは、上述の通り一人では成し得なかったことだと思うから。
あとはもちろんユリオの競技に惹き付けられる勇利の反応もね。何から何まで感動的でした。

YURIonICE12-10.jpg
YURIonICE12-9.jpg
YURIonICE12-11.jpg
YURIonICE12-10a.jpg
競技復帰&コーチ継続宣言が超いけてるんだよなぁ、これだからヴィクトルかっこいんだよなぁ。

勇利とユリオ、ヴィクトルで争われる大会に思いを馳せて、『ユーリ!!! on ICE』視聴を終えたいと思います。ありがとうございました!

 
関連記事
web拍手
2016-12-31 16:22 | カテゴリ:ユーリ!!! on ICE
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。