2018Ani-chou3.jpg
2018秋調査(2018/7-9月期、終了アニメ、67作品) 第50回

忙しくてもアニメは見て楽しむものだ、と先生はおっしゃっている。
 
01,ISLAND,B
02,千銃士,x
03,音楽少女,C
04,はねバド!,A

05,ぐらんぶる,x

06,殺戮の天使,D
07,闇芝居 六期,x
08,悪偶 天才人形,x
09,かくりよの宿飯,x
10,メジャーセカンド,x

11,はるかなレシーブ,C
12,ハイスコアガール,S

13,重神機パンドーラ,x
14,オーバーロードIII,B
15,若おかみは小学生!,x

16,俺たちゃ妖怪人間G,x
17,銀魂 銀ノ魂篇 後半戦,x
18,邪神ちゃんドロップキック,C
19,百錬の覇王と聖約の戦乙女,F

20,夢王国と眠れる100人の王子様,x

21,異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術,F
22,ロードオブ ヴァーミリオン 紅蓮の王,x
23,アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 3rd SEASON,B
24,マーベル ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー,x
25,こねこのチー ポンポンらー大旅行,x

26,少女☆歌劇レヴュースタァライト,S
27,僕のヒーローアカデミア 第3期,x
28,イナズマイレブンアレスの天秤,x
29,ヤマノススメ サードシーズン,A
30,ガンダムビルドダイバーズ,x

31,信長の忍び 姉川・石山篇,x
32,京都寺町三条のホームズ,x
33,アンゴルモア元寇合戦記,x
34,ちおちゃんの通学路,B
35,ゆらぎ荘の幽奈さん,F


36,深夜! 天才バカボン,x
37,働くお兄さん! の2!,x
38,陰陽師 平安物語,x
39,あそびあそばせ,B
40,七星のスバル,D


41,はたらく細胞,D
42,カニつめくん,x
43,カプチーニャン,x
44,プラネット・ウィズ,B
45,あっくんとカノジョ,x

46,うちのウッチョパス,x
47,つくもがみ貸します,x
48,テレビ野郎 ナナーナ,x
49,ハッピーシュガーライフ,A
50,すのはら荘の管理人さん,x

51,PERSONA5 the Animation,x
52,Back Street Girls ゴクドルズ,F
53,One Room セカンドシーズン,C
54,シュタインズ・ゲート ゼロ,C

55,Free! Dive to the Future,x

56,Phantom in the Twilight,x
57,天狼 Sirius the Jaeger,x
58,ルパン三世 PART5,x
59,(特番 9話) じょしおちっ!,x
60,(全24話) BEATLESS Final Stage,x

61,(特番 3話) Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説,x
62,(ネット配信) 異世界居酒屋 古都アイテーリアの居酒屋のぶ,x
63,(7月終了) フルメタル・パニック! Invisible Victory,x
64,(6月終了) 戦隊ヒーロー スキヤキフォース (2期),x
65,(6月終了) せいぜいがんばれ! 魔法少女くるみ,x

66,(地上波初放送) 焼肉店センゴク,x
67,(地上波放送分) グラゼニ (1期),x





【寸評】
01,ISLAND,B
 監督・川口敬一郎、キャラデザ・川村幸祐なので贔屓するのは仕方ないよねっ!ゆかりんメインヒロインに待ったをかける、ひと捻り手が加えられたシナリオ。過去編が内容も画面も暗いので、好みが分かれそう。OPED好き。



03,音楽少女,C
 力を抜いて見られるアニメではあったんだけど、作画が力抜けすぎ大問題。製作や制作が本当に「音楽少女」を推したいのかどうか分からない、そんな作品への力の入れ方が気になりました。から揚げ回よかった。



04,はねバド!,A
 主人公の性格が難ありの情緒不安定で、それに合わせる作劇の見せ方が気になる人は気になるかも。バドの試合描写は神懸かっていたし、何よりどのキャラも可愛かった(ここ大事) アニメ終わってから原作1巻を読んだところ、結構構成いじって工夫がなされていたので感心した。



11,はるかなレシーブ,C
 ビーチバレーという競技の面白さは自分にはあんまし伝わってこなかったかな。じっくり描きたいのは分かるがエクレア戦の尺はいくらなんでも長すぎと感じる。



12,ハイスコアガール,S
 家庭用ゲーム全盛期と呼べる時代に生きて育ってきた身としては、ノスタルジックな気持ちに浸って自分語りしたくなる雰囲気と魅力を持った作品。本編の時代設定は自分の世代より少し昔だけど、学校へ行く前に朝早起きしたり晩ご飯の時間を無視って親にブレーカー落とされたりと、自分もゲーム中心の生活を送るハルオみたいな少年だった・・・って、これ懐古しちゃうでしょ絶対。



14,オーバーロードIII,B
 「2期の方が良かった」「イビルアイちゃん出てこなかった」等の不満が出てくるのはシリーズものに付いて回る悩み。ギルドメンバーを思い出して物思いにふけるモモンさんがみたい。



18,邪神ちゃんドロップキック,C
 邪神ちゃんのドロップキック並みに外れるギャグが多く、とくに黒山羊みたいなヤツのネタが受け付けなかった。



23,アイドルマスターシンデレラガールズ劇場 3rd SEASON,B
 担当キャラが登場してくれるだけで、いとしいさー。



26,少女☆歌劇レヴュースタァライト,S
 みんな大好き大場なな!あめんぼあかいな愛城華恋と共演者達による無茶苦茶なレヴュー(褒め言葉)は見応え充分。個人的には最後までバナナ節を引っ張る構成で、大団円に持っていっても良いくらいだった。各々の自己主張口上がカッコ良くて惚れる。



29,ヤマノススメ サードシーズン,A
 ただの喧嘩じゃない、関係の悪化というか何となく気まずい空気が長引いて、結局そのまま・・・なんて良くある話。そんな山場を乗り越えた先に、お互い見たことがない新しい景色が広がっているとか。



34,ちおちゃんの通学路,B
 学校に登下校するための手段である通学路が、通学路を楽しむために学校へ行くという手段の目的化←そうなの? すぐ飽きそうな第一印象とは裏腹に、最後まで楽しめました。



39,あそびあそばせ,B
 奇声が飛び交うアニメ。発想とか表情とか色々とぶっ飛んでいるので、自分にあそび(余裕)がないと作品に置き去りにされてしまうかも。EDは精神状態チェック用にどうぞ。



44,プラネット・ウィズ,B
 敵の精神攻撃を受けたキャラの回想シーンが"ザ・精神世界"って感じで、文字演出がキマってて好きでした。



49,ハッピーシュガーライフ,A
 ぼくらのトラウマ。長い事サブカルに浸かってアニメ見てますけど、いまだにトラウマを植え付けてくれるんだからやめられない。ストックホルム症候群で一括りにするには不可解なハッピーシュガーライフの正体は、ぐるぐると輪廻するシアワセですかね。



53,One Room セカンドシーズン,C
 奥田泰弘と佐々木政勝がいないワンルーム。



54,シュタインズ・ゲート ゼロ,C
 タイムリープはもう疲れたよ・・・とオカリンの気持ちになれるやつ。それでも最後の方は胸に迫る場面もあって、さすがシュタゲだなと思った次第。



<追加評価>
48-07,だがしかし2,A
 ココノツと距離を置くほたる、転がり込んでくる尾張ハジメや安定のサヤ氏などなど。物語の行く末を当たりのホームランバー握りしめて待ちわびました。そちらのドラマがメインで駄菓子は添えるだけ、のスタンスが1期より断然見やすくて面白かった。






■アニメ調査室(仮)様
http://anime-research.seesaa.net/
企画と集計は、アニメ調査室(仮)さん
関連記事
web拍手
2018-11-02 18:14 | カテゴリ:アニメ
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL