話数単位で選ぶ、2020年TVアニメ10選


年1のペースでしか記事を投稿しないブロガーもどきは誰でしょう。
そう、私です。

2020-10-kami.jpg
神様になった日 第4話「闘牌の日」

宇宙麻雀がアニメになった日。
いたじゃんリスペクトみを感じる、とっておきの裏ワザ発動させすぎぃ!いたじゃんRはURAさんが手掛けたOPがいいんですよね。昔のニコニコ動画見てた人ならパロMADに一度は触れたはず。
イザナミさんが唯一の麻雀良識者で、このあと本編10話で実際に打ってたのがポイント高い。麻雀を冒涜する描写の数々で麻雀好きの怒りを買ったかも知れないが、個人的には牌がテレビに映るだけで前のめりになる人なので楽しめました。「ドラ隣ドラ隣」のリズム感は結構好き。



2020-10-asa.jpg
アサルトリリィ BOUQUET 第5話「ヒスイカズラ」

夢結からの贈り物なら梨璃はなんでも喜ぶ。それでも出来る限りのことをしてあげたいと思うのはシュッツエンゲルじゃなくても自然な感情なんだけど、人として自然に振る舞えるようになった夢結の言動が嬉しい。
そして梨璃にとって一番のプレゼントは葡萄畑の香りを纏った夢結自身であり、梨璃は言葉を交わさずとも夢結が甲州に行って自分のために駆け回ってくれたのだと察する。
葡萄の花言葉は「思いやり」「信頼」など。その香りに包まれることで、より2人の絆が深まったと感じられるハグハグでした。



2020-10-koisuru.jpg
恋する小惑星 第11話「きら星チャレンジ!」

きら星チャレンジの選考に漏れたあおが、根性と情熱とコネで突撃・石垣島チャレンジ!そして成功!!・・・と喜ぶ人がいる反面、身勝手な行動が許容されるのを嫌う人もいるというリアリティが描かれていました。そういったモヤモヤした感情を抱く新入部員の気持ちを、正面から受け止めるイノ先輩マジ部長。
きら星チャレンジ側の展開も好みで、色んな可能性が集まるから何かを成し遂げられそうな気がしてくるワクワク感の塊。



2020-10-lap.jpg
Lapis Re:LiGHTs 第5話「Sunny day」

メアの大事なメッセージボードが壊れる裏側で、ボードゲームに大事なものを壊わされるライツの皆さん。不穏なオカルト要素が影を潜めるかと思えば、ワンランク斜め上の笑える掛け合い。次に何が起きるか分からない双六みたいなパルプンテ進行が楽しすぎる。
「じゃあ1万回」は声に出して笑ったわw



2020-10-turi.jpg
放課後ていぼう日誌 第9話「備えとアオサギ」

前半は救命講習、後半は野鳥保護。どちらも堤防に関わる問題で、「ていぼう部」の課外活動としての意義が見出せました。問題に向き合うことで、釣りという趣味にも真剣に向き合うことができる。"趣味娯楽は楽しんだもん勝ち"は確かにそうだけど、周りに迷惑をかけない範疇で。釣りに限らず、昨今のネットマナーやらリテラシーなんかにも当てはまるよね。
ルールとマナーを守って楽しくフィッシン!



2020-10-3rd.jpg
BanG Dream! 3rd Season 第11話「パレオはもういません」

何があっても辞めなさそうな人が辞めるの一番きついって、それ一番言われてるから。音楽は世界の共通言語だけど、語れないこともあるからやっぱり音楽は万能じゃないらしい。バンド解散危機で身をもって示してくれたRASのドラマに心揺さぶられました。
気を遣って自分を出せていなかったレイの決意も、マスキングの口下手な説得も、興奮気味に捲し立てるロックの方言も。素直になったチュチュとパレオ、その全部が愛おしく感じられる優しいシリーズ構成にお礼が言いたいです。



2020-10-mao.jpg
魔王城でおやすみ 第11話「姫の眠れない夢」

快眠のためなら苦労は買ってでもしろ。たとえ永眠することがあったとしてもだ…超一流のスヤリストは格が違った。寝すぎて頭のネジが緩んでしまったのか?さっきゅんににじり寄るスヤリス姫に時折感じる狂気がツボでした。さっきゅんがおバカ可愛い。



2020-10-tama.jpg
球詠 第12話「悔いなく投げよう」

自分の采配を悔やむ芳乃マネ。芳乃を励ます希のベンチ裏シーンだけでもグッとくるのに、その後バットで結果を出す希が真の4番すぎて泣ける。ダイヤモンドを一周する姿がこれまたカッコ良すぎて2度泣く。
芳乃の采配がなければ希が吹っ切れることもなかったし、詠深のストレートが球威を増すこともなかった。悪いことがあった分良いことが起きるプラスマイナスゼロの法則、クライマックスでの回収劇が見事で気分爽快でした。



2020-10-majo.jpg
魔女の旅々 第9話「遡る嘆き」

あのイレイナさんがガチ凹みする珍しさ。セレナがニパーと口開けて心の底から笑ってる笑顔は忘れられそうにありません…親友を救おうと心血注いだ結果がこれかよ。過去改変の禁忌を犯した天罰とでも?こんな救いの無い話、記憶に残らないわけないじゃない。



2020-10-sig.jpg
戦翼のシグルドリーヴァ 第1話「館山基地へようこそ!」

敵ピラーに御守り刀で突っ込む生身勇者砲、すっごい好き。
訳ありワルキューレ3人組はもとより、癖がありすぎる館山基地の面々。不安になるほどの個性派揃いで、掛け声も当然のように揃わないんですが、1話ラストシーンでは基地全員の声が揃うんですよね。それがクラウを歓迎する言葉であり、気持ちは皆同じってところが妙に心地よくて。第1話としては大満足な出来栄えでした。



いじょう、10選でした。
来年は世界がハッピーアラウンドな年になりますように!

関連記事
web拍手
2020-12-31 00:47 | カテゴリ:アニメ
コメント(0) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL