higu19-1.jpg
ひぐらしのなく頃に解 第19話「はにゅーん」

6月上旬。ようやく舞台に上がってきた者。
圭一達のクラスに転入生として現実世界に表れる羽入。
そこ、「どうやって実体化したの?」とか野暮なこと聞かない。
強い意志があったらなんとかなる世界なんだよ(それもどうかと

羽入のあまりの可愛さに、お持ち帰りモードのレナ。

レナ「なんだか嬉しいね。羽入ちゃんはすぐ傍で、私たちが遊んでいるのをずっと見てた気がするの」

ここのレナのセリフが、意外とじーんとクるんだよね。
これまで皆に気づいてもらえず、見ているだけだった羽入。
仲間になることに憧れていた羽入は、さぞかし嬉しいことでしょう。

higu19-2.jpg
部活に入りたいと名乗りをあげる羽入。
全員最初面食らっていたが、真剣な羽入を見て、入部試験やると言い出す魅音部長。
試験は合格。
トランプのキズ、ずっと見てきた羽入には判るって話じゃないんすねw

赤坂が前半パート終わり際にちらっと登場。
ある事件を追っていた赤坂は偶然「雛見沢」の文字を見つけ、梨花の予言の話を思い出します。

higu19-3.jpg
部活の帰り。
いつもと同じ風景ですが、そこには皆と並んで歩く羽入の姿があります。ウッ・・・

道から足を踏み外し、道の下へ落ちる羽入。
そこでついに鷹野とご対面です。
それまで鷹野の事を忘れていた羽入だったが、会った瞬間に前の世界であった事の全てを思い出します。

higu19-4jpg.jpg
梨花は鷹野のことを覚えていませんでした。
あれだけ苦々しい思いをし、胸に刻んだはずの記憶がない。
梨花と羽入、もっと悔しがってもいいんじゃ・・・

それにしても前回までの「全部知ってますよ~黒幕は鷹野なのですよ~にぱ~☆」「圭一、待ってるZE!」な梨花は何だったんでしょうかw
やはり「実際にはなかったこと」だと受け取った方が、自分的にはしっくりきます。
梨花ではない説もあるみたいですが。
どちらにせよ「皆殺し編の記憶がない梨花」という原作通りで一安心。


力強い味方・赤坂が雛見沢に駆けつけてきました。
羽入が最後の駒なら、赤坂は駒の範疇を超えた存在となるんでしょうかね。

前半でお気楽パート終了かと思いきや、イリーがぶち壊し
メガネきめぇぇぇwww

higu19-5.jpg
雛見沢を沈黙させる方法、緊急マニュアル34号のことを梨花に話す入江。
真剣そのものの入江。とても前の画像と同一人物とは思えませんw
鷹野が裏で糸を引いているのではないか入江に聞いてみる梨花だが、思うような回答は得られませんでした。

唐突に「今描いている漫画のアイデアを出して欲しい」と、仲間たちに相談する梨花。
現状をストーリーに仕立て、皆に相談を持ちかけます。
これまでいくら真剣に話を持ちかけようとしても、話を聞いてもらえなかった梨花・・・考えましたw

漫画の話ならと、どんどんアイデアが出てくる皆。
梨花が100年以上悩んでいたことが、面白いように解決していきます。
やっぱり、1人で考えてたらダメなんですよ。思考が凝り固まっちゃって。ブレーンストーミングってやつ?

組織間の派閥争い、雛見沢壊滅が起きた場合に生じる責任問題、それを狙う何者かがいる…
見事的中の魅音。ねーよwww

でもこのシーン、思ったより爽快感がなかったですね。
BGMが暗かったのがいけなかったのかな。



ラスト、鷹野に「野村」と名乗る雨の中誘ってきた女登場。
やはり鷹野を利用する気でした。

梨花は仲間たちの手を借り、綿流しの祭が来るまでの短い期間で、鷹野達に対抗できる策を見つけられるのか。

関連記事
web拍手

管理者のみに表示する

トラックバックURL