jigoku1-1
地獄少女が帰ってきました。
その名も『地獄少女 二籠(ふたこもり)』
二籠には何の意味が込められているんでしょうか?
籠といえば、地獄少女の乗る大名籠みたいなのが思いつきます。片輪が輪入道のアレ。
あとは、蜘蛛糸の籠に閉じ込められてるとか想像・・・
まあ、よくわかりません。

1籠目「闇の中の少女」
jigoku1-2
今回の依頼者はこの少女です。声は広橋涼です。

jigoku1-3jigoku1-7
どうやらいじめに合ってる模様・・・
教科書どころか上履きに落書き、上履きの中に押しピン、筆箱の中に毛虫etc...陰湿です。

パターンとして読めたのが、
いじめ→信頼できる味方の登場→裏切り→地獄通信→依頼者に代わって地獄少女がおしおき

jigoku1-5
大方の予想通り話は進み、閻魔あい登場。
なぜか逆さまです。逆さまの蝶!
蝶は蜘蛛の糸に引っかかるんですよね。あいちゃんは「蝶」ですよね。
画像がブレてます・・・涼さん、相当びっくりしたんでしょう。

jigoku1b
そして、あいちゃんはお決まりの文句と共に藁人形を渡します。
「わたしは、閻魔あい。
 受け取りなさい。
 あなたが本当に恨みを晴らしたいと思うなら、その赤い糸を解けばいい。
 糸を解けば、わたしと正式に契約を交わしたことになる。
 恨みの相手はすみやかに地獄へ流されるわ。

 ただし、恨みを晴らしたら、あなた自身にも代償を支払ってもらう。

 『人を呪わば穴二つ』

 契約を交わしたら、あなたの魂も地獄へ落ちる。
 死んだあとの話だけど。

 ・・・あとは、あなたが決めることよ」


そして話は進み、涼さん(依頼者の少女ね)は切羽詰って赤い糸をほどいてしまいます。
jigoku1-6jigoku
おしおきシーン。この「おしおき」、妙に凝っていて毎回怖いです。大好き
裏切った相手は地獄へ流されてしまいました。。。

jigoku1-8
そして平和な日々が訪れました。

心の置ける友人も手に入れまし・・・ぇ、このホッチキスの芯って・・・

jigoku1-7

いやぁあぁぁぁあ
関連記事
web拍手
2006-10-16 09:23 | カテゴリ:未分類
コメント(1) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL